光りの差し込み

ふわっと優しい光りが差し込む空間。

この表現が適切かわかりませんが、アトリエなどにたまにお邪魔すると、こんな雰囲気の場所があります。

地下のジメッとした冷たい空間も恰好良いですが、やはり自然光の美しさに敵うものはありません。

食事を撮影する時など、やはり人工の光りでは出せない独特の輝きを放ちます。
どうしてでしょうか?人がコレが良いと思い、現代における技術の忰を注ぎ込んで作る光りであっても、絶対にこの自然光の美しさに敵うことはありません。

夕暮れ時の橙の光りを部屋の中で浴びていると、思わず涙が出てきてしまいそうになる程です。

結局、人間というのは自然の光りに対し、何か遺伝子的なレベルで反応しているのではないでしょうか。

毎日のように浴びている自然光も、冷静に考えると、お金では手に入らない大切なものなんですよね。そんなことをふと、考えてしまいました。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る