「タイト」

きつきつのスケジュール、ほっそりとしたフォルム。どちらもよくタイトという言葉を使います。

このピッタリで窮屈な意味合いを持つタイトですが、人生がタイトでないと気持ちが悪い。なんて方がいるのが面白いところです。

スケジュールなども開き過ぎると何もできなくなってしまう方は、あらかじめかなりキツキツにしたスケジュールを入れると、すんなりこなしてしまうので面白いところです。

ファッションについてもそうですが、ルーズな着こなしはもっての他と言わんばかりに、タイトなシルエットを強調する服選びの方も少なくはありません。

基本的なところで、タイトという締め付けられる感じが格好良く、シンプルな雰囲気が好きなのかもしれませんね。

しかし、勘違いしてはいけないのがタイトは良いのですが、ギリギリではいけないのです。ほど良く締め付けがある感じ。

これこそがタイトの醍醐味なのではないでしょうか。是非、ルーズな雰囲気が好きな方はタイトな環境やファッションを楽しんでみて下さい。案外、ハマってしまうかもしれませんよ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る