世界26カ国のデコラティブペイント・マスターたちが集うイベント 「サロン東京2013」を5月23~26日にアーツ千代田 3331で開催

ヨーロッパの宮廷を彩った「デコラティブペイント」の大壁画を、
世界のペインターたちと共に描く! 

 

このたび日本を含めた世界26カ国のデコラティブペイント・マスターたちが集い、作品展示をする他、エキサイティングなデモンストレーションペイントをするイベント「サロン東京2013」を5月23日(木)~5月26日(日)にアーツ千代田 3331で開催いたします。

イベントサイト: http://www.salontokyo2013.com


【デコラティブペイントとは】
建造物に大理石や木目などの素材感をリアルに表現する装飾ペイントのこと。ダビンチの時代から今日まで、ヨーロッパ各地の宮殿の内装や家具の装飾などに愛用されています。現代では、商業空間の他、教育や福祉の空間で活用されています。

【サロン東京2013とは】
ハイレベルなデコラティブペインターたちの自主組織が「サロン」です。2012年現在、世界26カ国216名が登録。年に1回、欧米各国で自主イベントを開催してきました。2013年はアジア初開催、日本で初めて行うイベントです。
ペインターは、アーティストであり教育者であり制作会社の経営者たちです。デコラティブペイントを通じて文化交流を続けてきている参加者たちは、とてもエネルギッシュで、分かち合いの精神が旺盛です。

【イベントのみどころ】
日本開催は最初にして最後。今回のテーマは「East Meets West – Sharing(東西の出会い)」で、欧米のペインターたちから見た日本のイメージが、会期中にデモンストレーションで描かれる作品に織り交ぜられていきます。

マスター・ペインターのミゲル・バンデラ氏(オランダ)とマリー・ヴォネッセ氏(フランス)監修による大壁画の即興共同制作「コモンミュラル」は、東洋と西洋のイメージを織り交ぜた構成で各国のペインターが4日間で描き上げる。迫力のあるパフォーマンスは必見です。

他に、What’sデコラティブペイントと題した技法や事例のご紹介、医療施設でのヒーリングアート事例、塗料メーカーによる上質な絵の具や筆の展示も、大変貴重で興味深い企画です。

デコラティブペイントの啓蒙とご紹介のために、世界のペインターたち有志が私費で企画実施している「サロン東京」。ペインターたちへご支援をくださるスポンサー企業様を、会期中も随時受け付けています。

【イベント詳細】
開催日時:
2013年5月23日(木)~5月26日(日)10:00~17:00(26日は16:00)
開催場所:
アーツ千代田 3331(東京都千代田区外神田6-11-14)
TEL03-6803-2441 http://www.3331.jp/
入場料 :入場無料

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る