千住博氏代表作「The Fall」の展示空間『The Fall room』が 軽井沢にオープン

あの名作が軽井沢千住博美術館内の専用スペースで18年ぶりに一般公開されます。

軽井沢千住博美術館(館長 品川惠保)では、1995年に「第46回ヴェネツィア・ビエンナーレ」で東洋人初の名誉賞を受賞した、千住博氏の代表作「The Fall」を常設展示するにあたり、そのための展示空間『The Fall room』を増設して、6月5日(水)から一般公開する運びとなりました。

作品「The Fall」は、ヴェネツィア・ビエンナーレでの公開後、倉庫に保管され、今日まで一切人の目に触れることはありませんでした。しかしながら、その展示を待ち望む声は数多く、「最良の方法で再びご覧いただける機会を提供できれば」という千住氏の強い思いと、建築家・西沢立衛氏の卓抜した空間デザインが実を結び、このたび18年ぶりの一般公開が実現いたしました。

展示空間『The Fall room』は、千住氏の提案に基づき、“地下宮殿”をコンセプトとし、作品「The Fall」を地下空間にある地底湖の岸辺に展示しているようなイメージを具現化いたしました。ここは、作品と展示空間が一体となったインスタレーション・ルームであり、神秘的なアート体験ができる場としても、鑑賞者の皆様にさまざまなイマジネーションを喚起させ、想いを巡らせていただけるものと考えております。

千住博 公式WEBサイトhttp://www.hiroshisenju.com/

 

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る