芸術資源マネジメント研究所、 “アート・マネジメント”の3つの新講座を開講  ~アートとともに働く人、働きたい人に向けて学びと探求の場を提供~

一般社団法人芸術資源マネジメント研究所は、文化の発信地・渋谷にて、5月より3つのアート・マネジメントの講座を順次開講します。アート・マネジメントの基本の基本、アートに特化したファンドレイジング研究、瀬戸内国際芸術祭、越後妻有アートトリエンナーレなど日常に持ちこまれるアートの祝祭についての専門的な考察など、さまざまな視点、レベルから学ぶ講座です。

講師には、日本のアート・マネジメント分野を開拓してきた美山 良夫慶應義塾大学名誉教授をはじめ、大学院などでアート・マネジメントを学んだ修了生、アート・マネジメントに携わる方々を招き、研究成果や経験談を紹介、問題や課題について一緒に検討していきます。また各講座ではテーマに沿って、現場や施設見学などのフィールドワークや、瀬戸内国際芸術祭、京都祇園祭期間中のオプション・ツアー、読書会を主催し研究を深めます。大学院以外で、社会人を対象とした本格的な講座が開催されるのは、今回が初めてのケースです。

【講座概要】
<主催>
一般社団法人芸術資源マネジメント研究所

<講座>
(A) アートによる 祝祭(Festival)つくり ―ハレの時空間構造を解く―
(B) アート・マネジメントを学ぶ 基本の基本 ―自己実現への回路として―
(C) アートによる共感づくり ―ファンドレイジングを学ぶ―

<講師>
美山 良夫(慶應義塾大学名誉教授)、本研究所研究員、アート・マネジメント分野で活躍するゲスト・スピーカー
※プロフィールは本研究所サイト( http://arts-management.jp )をご覧ください。

<開講日>
平成25年5月30日(木)より順次開講 各講座 毎月1回開講
(A) 5月30日(木)19:20~21:20 原則第1木曜全9回 オプション、フィールドワークあり
(B) 6月13日(木)19:20~21:20 原則第2木曜全8回
(C) 7月22日(月)19:00~    全8回 オプション、読書会あり

<会場>
渋谷文化研究室(東京都渋谷区道玄坂1-8-1 遠州屋ビル5階)

<募集条件>
社会人(大学院生含む)対象 各講座10名

<申込受付>
(A)、(B):申込受付中 ※募集数を超えた場合は抽選
(C)   :6月3日より申込受付開始

<受講料>
(A) 本研究所運営会員無料、賛助会員9,000円、一般27,000円(全て資料費別)
※1回毎の受講料設定はありません。
※オプション、フィールドワークの際の交通費、入場料などは各自負担。
(B) 本研究所運営会員無料、賛助会員8,000円、一般24,000円(全て資料費別)
※1回毎の受講料設定はありません。
(C) 本研究所運営会員無料、賛助会員8,000円、一般20,000円(全て資料費別)
※1回のみの受講 3,000円

<申込方法/問い合わせ先>
受講申込フォームを本研究所サイト( http://arts-management.jp )よりダウンロードして記入、下記のアドレスへ送信してください。
e-mail: research@arts-management.jp
※講座に関する質問もこのアドレスへお問い合わせください。

<講座詳細>
下記のサイトをご参照ください。
各講座の公式ブログ
(A) http://researcham01.blog.fc2.com/
(B) http://researcham02.blog.fc2.com/

本研究所ウェブサイト: http://arts-management.jp
交流サイト<不易流行>Facebookページ: https://www.facebook.com/fuekiryukoSMT

【法人概要】
名称: 一般社団法人芸術資源マネジメント研究所
Institute for Arts and Cultural Resources Management
所在地:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-8-1 遠州屋ビル5階
URL:http://arts-management.jp
設立:2012年4月
設立目的:芸術・文化に関わる個人ならびに団体が参加、協働し、
芸術・文化資源とそのマネジメントにかかわる調査研究
および関連諸事業の実施を通じ、芸術・文化環境の整備
および地域文化、文化観光の振興発展に寄与する。
主な事業内容: 芸術・文化資源とそのマネジメントにかかわる調査研究、
芸術・文化環境整備および地域文化、文化観光の振興発展の
ための提言・提案、芸術・文化資源とそのマネジメントに
かかわる情報の発信、これらに附帯、関連する事業。

 

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る