「ビル・カニンガムという生き方」

ファッション誌を飾るスナップ写真は定番のコーナーとなっていますが、そんなファッションスナップを取り続けた男性の物語が映画化されるということで、ファッション業界では話題になりました。その映画のタイトルは「ビル・カニンガム&ニューヨーク」です。

御年80歳を超える高齢でありながらも、ファッションスナップを撮り続けるその情熱と精神は頭が下がります。さて、そんなビル・カニンガムの物語ですが、50年も前からニューヨークの街を自転車で駆け巡り、そして自分が素晴らしいと思う着こなしをしている方の写真を撮り続けたのです。

まさにファッションスナップの先駆けとして、ファッション界に多大な影響を及ぼしたことは間違いないでしょう。

自分はすぐに汚れてしまうという理由から、清掃員が着こなす青い上着を着ています。どこかみすぼらしいのか?という印象ですが、全くそんなことは無く、その仕事に対する情熱が注ぎ込まれ、彼自身もニューヨークの街にしっかりと溶け込んでいるのです。

とにかく、彼の生き様は男としても憧れてしまいます。自分の好きなことに命をかけ続けるその姿は少しまねできません。

誰もが知る写真家となれば、できるだけ高価な住宅に住み、アシスタントを雇い、セレブとなっていく方も少なくありません。ましてやファッション写真を撮り続けるとなれば、その傾向は顕著です。

しかし、ビル・カニンガムは違います。とにかく、ファッションスナップの事、写真の事ばかりを考えている訳ですから、自宅に帰れば写真を整理したキャビネットだけ。寝床は小さなベッドがあるのですがそれだけです。“最高のファッションショーはストリートだ”という彼の信念に突き動かされた若い写真家は数多くいるでしょう。

勿論、ファッションショーやパーティーなどにも顔を見せるようなのですが、自分が気に入らなければ絶対にシャッターは切らないという徹底降り。

仕事に妥協が全くない厳格なイメージがありますが、本性はお茶目で笑顔の耐えない楽天家だそうです。こんな、自由な生き方に憧れてしまいます。

この映画がDVD化されれば、ファッションは勿論、アート・ファッションに関わる方のマストハブな1本になるかもしれませんね。

 

『ビル・カニンガム&ニューヨーク』 予告篇

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る