行列のできるランドセル屋  7月1日注文販売開始!親子職人体験も!

●7月1日ランドセル注文販売スタート!

創業48年、職人手作りの丈夫で作り手のぬくもりが感じられるランドセル作りをおこなっている株式会社土屋鞄製造所は、2013年7月1日より2014年度の新一年生向けのランドセルの店舗、インターネット、電話での注文販売を開始。
こだわりのひとつが欲しいという親御様の想いと共に、ランドセルの購入は年々早まっており、土屋鞄でも昨年より1ヶ月早い注文販売スタート。
創業以来、子ども達が6 年間共にするのにふさわしい丈夫で美しくシンプルなランドセルを作ることを大切にし、 職人たちが100以上もの細かなパーツから、たくさんの丁寧な手仕事の工程を通して作り上げている。毎夏、お気に入りのひとつを探しにご家族が行列をつくり、各店は賑わっている。足立区西新井にある本店では工房が併設しており、平日はランドセルを作る職人の姿が見学できる。

 

 

 

職人手作りのランドセル

●親子でランドセル職人体験

特別企画「親子でランドセル職人体験」を実施。
2013年7月1日(月)~8月19日(月)までの間に、土屋鞄の総牛革ランドセル(どのシリーズでも可。ヌメ革は除く)を購入し、応募した方の中から抽選で18組のご家族を「親子でランドセル職人体験」に無料ご招待。土屋鞄HP にてお申し込み頂けます。
http://www.tsuchiya-randoseru.jp/user_data/taiken2013.php

●土屋鞄製造所

1965年、足立区花畑で職人2人の小さなランドセル工房として始まる。鞄協会主催のコンクールにて、通産局長賞、経済局長賞、都知事賞など数々の賞を受賞。2011年度には、日本鞄ハンドバッグ協会から、ハンドバッグ・小物第1 回技術検定(皮革部門)にて1 級技術者の認定を受ける。かつてはランドセル専業であったが、日々の暮らしに寄り添う鞄や小物も製作。2002年より、高齢化する日本の鞄職人の世界を再生するため、若手育成の取り組みを行い、現在工房では職人歴50年以上のベテランから、見習いの若手まで、それぞれの目標を持った職人たちが集まり、技術を磨いている。 現在、約60名の工房となり、日本の未来を担う匠を育てている。ランドセル選びが子ども達や家族にとって、より一層思い出に残るものになって欲しいという気持ちで製品 づくり・企画・販売・発送までを行っている。2013年、ランドセルと子ども用品の専門店の童具店を南大沢、神戸、広島に新オープン。7都道府県・9店舗を構える。
土屋鞄のランドセルhttp://www.tsuchiyarandoseru.jp/

土屋鞄製造所 創業者 土屋國男



お問い合わせ先

電話 03-5647-5123(平日10時~ 17時)
メール jr-support@tsuchiya-kaban.com

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る