思想家・東 浩紀率いるゲンロン、 『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β vol.4-1』を発売~発売記念 新津保建秀写真展も7月12日から開催~

株式会社ゲンロンは、2013年7月4日(木)より新刊『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β vol.4-1』を発売いたしました。

また、発売を記念して7月12日(金)から新津保建秀写真展をワタリウム美術館内on Sundaysにて開催いたします。

【内容紹介】
「観光地化する原発事故跡地!」- 誰も知らない、あの悲劇の27年後とは ‐

3.11後に福島で取材を重ねた東 浩紀・開沼 博・津田 大介の3名が、チェルノブイリへの取材を敢行。立入禁止区域内、廃墟と化した周辺自治体、そして原子力発電所内部を巡りながら、未だ収束しない事故現場でさまざまな関係者の声を聞きました。写真家・新津保 建秀の美しくも緊張感の漲ったグラビアとともに、その現場を子細にレポートします。
東 浩紀によるツアー手記や開沼 博による論考、津田 大介によるルポルタージュに加え、観光学者・井出 明による世界の「ダークツーリズム」スポットのガイドや、速水 健朗による「空想のなかのチェルノブイリ」文化論、ロシア / ウクライナの専門家によるコラムなども充実。
1986年に起きたレベル7の原発事故から四半世紀。
チェルノブイリの「現在」から、日本の「未来」を導きだす一冊です。

続く思想地図β4-2「福島第一原発観光地化計画」と対を成す、思想地図βシリーズの新境地!

【著者】
東 浩紀(著・編集)、津田 大介(著)、開沼 博(著)、速水 健朗(著)、井出 明(著)、新津保 建秀(写真)

【書籍情報】
単行本(ソフトカバー):160ページ
出版社 :ゲンロン(2013年7月4日)
ISBN-10:4907188013
ISBN-13:978-4907188016

【ゲンロンショップページ】
http://shop.genron.co.jp/products/detail.php?product_id=123

【思想地図β4広報ブログ】
URL: http://genroninfo.hatenablog.com/

発売を記念して7月12日より新津保建秀写真展を原宿にて開催
『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β vol.4-1』を記念して、7月12日(金)よりワタリウム美術館内「on Sundays」、中地下カフェスペースにて本誌参加写真家・新津保 建秀氏による写真展「horizons」(仮)が開催されます。本誌未収録の写真を含む、十数点を展示予定です。

【開催期間】
7月12(金)~7月28日(日)

【会場】
「on Sundays」
東京都渋谷区神宮前3-7-6 ワタリウム美術館内
TEL:03-3470-1424
FAX:03-3478-0809

「on Sundays」公式サイト
URL: http://www.watarium.co.jp/onsundays/html/

【株式会社ゲンロン概要】
株式会社ゲンロンは、日本社会を変える新しい『思想』を提供することを目的とし、思想家・東 浩紀を中心に創業された出版社です。言論誌『思想地図β』、カルチャー誌『ゲンロンエトセトラ』などの発行の他、読者同士の交流を目的としたプラットフォーム『ゲンロン友の会』を運営しております。2013年2月、東京・五反田にトークイベントカフェ「ゲンロンカフェ」を開業した他、25年後の福島のあり方を考えるプロジェクト『福島第一原発観光地化計画』を主宰しています。

URL  : http://genron.co.jp

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る