ピカソ没後40年記念 ピカソ愛と芸術の版画展開催

株式会社パルコのパルコミュージアムにて、スペインが生んだ20世紀最大の画家パブロピカソの没後40年を記念し、約2000点にもおよぶ版画作品の中から、男女をテーマにした作品、女の肖像作品を中心に集めた版画展を、7/19(金)~8/19(月)パルコミュージアムにて開催。

【開催概要】

タイトル:没後40年記念 ピカソ愛と芸術の版画展

会期:7/19(金)~8/19(月) *会期中無休

10:00~21:00(最終日は18:00閉場/入場は閉場の30分前まで)

会場:パルコミュージアム(渋谷パルコ・パート1・3F)

入場料:一般500円、学生400円、小学生以下無料

主催:パルコ

協力:一般財団法人荒井記念美術館/SMILE VEHICLE/クウジット/TOKYO FM

協賛:西武運輸

企画制作:パルコ/テクノプロ

 

【展示開催】

スペインが生んだ20世紀最大の画家パブロピカソ。彼の芸術を語る上で欠くことのできない要素が、女性たちとのロマンスです。

ピカソが出会い、恋に落ちた女性たちは、ピカソの芸術に幸福感を与える一方で、人間の醜さや確執、嫉妬をも生み出しました。

本展では、ピカソが生涯に制作した約2000点にものぼる版画作品の中から、男女をテーマにした作品、女の肖像作品を中心におよそ60点を展示いたします。

 

<選べる!オリジナル音声ガイド>

本展覧会では、スマートフォンアプリを利用したオリジナルの作品解説音声ガイドを2種類お楽しみいただけます。

料金:200円/1種

解説原稿作成:中村隆夫(多摩美術大学教授・美術評論家)

・音声ガイドのご利用にはスマートフォンでアプリのダウンロードが必要です

・スマートフォンでも一部機種によりご利用いただけない場合がございます

 

※スタンダード音声ガイド/ナレーション:山田五郎

西洋美術に造詣の深い山田五郎さんが、作品の制作背景を丁寧に解説します。

 

※シークレット音声ガイド/ナレーション:友近

ナレーションは友近さんのはずが・・・?

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る