「蕎麦屋でアイデアを生み出す秘密とは?」

案外、多くの人のミュージシャンが落ち着くと言っている場所があるのをご存知でしょうか。そして、その場所というのが蕎麦屋なのです。また、何故に蕎麦屋か…。クリエイションに重要なものと言ったら音楽ですよね。

感性を奮い立たせるために、音楽を聞きながら作業をするという人は少なくは無いはずです。しかし、そんな音楽も時に何かの影響を強く作品に与えてしまい、変な話邪魔になってしまう可能性だってあるのです。

そういうことから、無音の状況。そういった場所に行って気分をニュートラルにしている人も多いのだそうです。しかし、無音であれば部屋でもできますし、ちょっとした港の公園にでもいけばどうにか静けさというのは手に入るでしょう。しかし、そういった自然の静けさでは駄目なのです。

そういうことで、選ばれているのが蕎麦屋という訳です。ちょっとしたチェーン店などの蕎麦屋の場合、有線音楽が流れてしまっていたりするので、どこにいっても変わりません。しかし、しっかり昔から営業しているような蕎麦屋の場合。必ずと言ってよい程無音です。ただただ、他の客の声と蕎麦を啜る音だけ。

こういった、無音であるべくしてある場所というのが、普段様々なことを考えている仕事の人にとってみると落ち着くということらしいのです。別にアーティストで無い方であっても、この蕎麦屋の無音状態は何となく心が落ち着くのではないでしょうか?

実は音が無いという状況は、対峙するものに対して真剣に向き合うことができる素晴らしい環境です。蕎麦との真剣勝負…というと大分、大げさになってしまいますが、しっかりと蕎麦の味を味わうことができる良い空間作りがなされているとは思わないでしょうか?

何かに行き詰まっている時、ふとこういった空間で食事をすることで頭の中をスッキリ整理することができるはずです。もし、疲れている時や何か上手くいかなかったりする時は蕎麦屋に足を運ぶと良いかもしれません。

自分自身、もう一度向き合って真剣に考え直すことができるキッカケになるかもしれませんよ。今回はアートとは少し違いますが、良いアイデアを生み出すキッカケになるお話をさせて頂きました。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る