「Buffalo Daughterが20周年ですごいことに!?」

オルタナティブロックを代表する国内アーティストと言えば、数限りなくいますが、どうしても個人的には「Buffalo Daughter」は外せません。

ロックを基本としていながら、電子音を織り交ぜたダンストラック調のニューロックスタイルは、まさに革命と呼ぶべきアート作品です。さて、そんなBuffalo Daughterなのですが、何と今年で20周年を迎えるということです。

ちなみにこのBuffalo Daughterの編成なのですが、DJの男性が1人、ギターの女性が1人、ベース&ムーグシンセの女性が1人の計3人構成。何となく、これだけでもユニークな編成ですが、このスタイルを20年前から日本で行ってきているというのだから革命的です。ちょっと話題は戻りますが、数年降りにアルバムが発表されることとなり、音楽にアート界ではちょっとした話題となっています。

再発見がテーマとなった今作なのですがタイトルも長く「ReDiscoVer. Best, Re-recordings and Remixes of Buffalo Daughter」。このちょっと変わった感性が唯一無二の存在感を放っている証拠です。

さらに、今回はタイトル通りベスト版でありながら、リミックスをされているので、また新しい再発見をすることができるという流れです。しかも、その参加アーティストが非常に豪華。あのビッグトリオ、ビースティーボーイズのAd-Rockにコーネリアスの小山田圭吾、AvevAvecにKAKATOなどなど、とにかく話題騒然のラインアップです。

もちろん、ベストですが新着音源も取り入れた全く新しいBuffalo Daughterも体感することが可能です。さて、そんなアルバムを発表するという内容以上に面白うそうなのが、「トーキョーカルチャートbyビームス」で行われる展示会「Happy BirthDay BD20」です。

Buffalo Daughterの活動スタイルは常にアートと隣り合わせになっており、ジャケットやPV、ライブスタイルなどパフォーマンスにおけるクリエイションも話題です。今回も、自らが会場設営を行い、さらには活動履歴に機材など、自らの活動を新しい解釈で表現した注目の展示会となっているのです。

紹介したいことはまだまだ沢山あるのですが、実は伊藤桂司や立花ハジメという奇才アーティストも数多く手を加えているといのだから、期待せずにはいられません。まさにマイウェイといった活動を続けるBuffalo Daughter。

今年はサマーソニックの出演もあるようですし、久々に旋風を巻き起こしてくれるかもしれませんね!

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る