「取り扱うブランドで見る、ファッションの傾向」

何度か、ファッションアイテムとしての定番を紹介していますが、ちょっと気になる事があるのでここで書かせてもらいます。まず、ファッションというのは性格がでますよね。何系…なんて言葉があるぐらい、様々なテイストが用意されており、その人のスタイル全てを写し出すと言っても過言ではありません。

そうして、その中でもビームスとユナイテッドアローズという、2つのセレクトショップの存在は、日本のファッション界を大きく変革させた功労者でもあります。しかし、アートワークを考えた時に、どうもストリート寄りなのがビームスで、ちょっとシックなハズしモード系というのがユナイテッドアローズ、といった雰囲気を感じませんか?

まぁ、パッとイメージするだけでは分かりづらいので、例を出しますが、扱っているブランドでその性格を考えることができます。まず、ボーダートップスという定番のアイテムにも、様々なブランドがあります。

その中でも、なじみ深く、そして多くのファンを持っていると考えられるブランドは「ORCIVAL」と「SAINT JAMES」ではないでしょうか。ボートネックのマリンテイスト溢れる、ボーダートップスは、どんな着こなしとも喧嘩せず、シックに可愛く着こなすことができますよね。

さて、この2つのブランドなのですが、ユナイテッドアローズが「ORCIVAL」、ビームスが「SAINT JAMES」をメインで取り扱っています。まぁ、何かイレギュラーな事はあればアレですが、基本的にはこの2つはこの感じに別れています。どちらも、フランスのブランドであることは間違いないのですが、アイテムのラインアップなどを見ると、ユナイテッドアローズとビームスの性格を強く打ち出しているような気がしてなりません。

「ORCIVAL」の方なのですが、エレガンスカジュアルなイメージがあります。ジャケットと合わせてもカーディガンでも、どちらかというかナローな雰囲気で着こなしが似合います。「SAINT JAMES」の方と言えば、カジュアル路線というか、遊びの効いたタフでストリートなカジュアルスタイルに合わせやすいイメージもあります。

双方、どちらが良いか悪いか勿論ありませんが、何かこういった小さなこだわりがあるのは、とっても面白いとは思いませんか?今、ショッピングセンターなどでまとめられがちなセレクトショップなのですが、全然テイストが違うというのを、楽しんだ方がアイテムを選びやすいような気もします。自分はどっち派かな?何て、考えてスタイリングを楽しむの、これはまたファッションの醍醐味だったりするのです。

 

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る