「コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マンの2014」

コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マンがちょっとした話題になっています。と、いうのも、このジュンヤ・ワタナベのコレクションというのが、他のブランドに比べて、タウン仕様だから…と、いう点にもあるかもしれません。

今回は、ドイツのアウトドアブランドであるサイルマーシャルとコラボレーションしたショーでした。そもそも、クラフツマンシップに乗っ取った、長年愛する事のできる服づくりで定評のあるブランドだけに、今回のコラボレーションも話題でした。

さて、そんな今回のコム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マンなのですが、とにかくアウトドアルックが上品!と、いった感じです。あまりアウトドアなスタイルは、違いというか、ストリートのようにスタイルなどがシッカリとヴィジュアル面でも別れているものではありませんよね。

でも、今回のショーでは、アウトドアスタイルのハイソ版?と、いうようなシックで遊び心の効いたコレクションでした。特に面白いのが、ジャケットにアノラックといったものは裏返し、もちろん敢えてなので恐ろしくオシャレです。レザーのパッチワークや細かいチェックのショーツ。

足下は、上質なレザーシューズと、どこか育ちの良いおぼっちゃまのような、そんな雰囲気すら感じさせるラインアップです。切替しとなる、バイカラーもふんだんに取り入れた今回、より鮮やかで何とも、元気が出るそんなコレクションになったのではないでしょうか?

登山、という程ではない湖畔止まりの感じのルックも、またストリートに馴染んで使いやすそうです。さて、今回のコム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マンなのですが、他のブランドと比べてどうだ…と思ったのですが、やはり常識を持っている。と、いう印象でした。

シックな雰囲気であることは間違えないのですが、他のブランドの激しさというか“いや…そりゃ着れないでしょ…”と、いったようなルックがひとつもありません。こう考えると、日本人というのは、時代をある意味しっかりと見据えている。

こうも考えられます。何か、新しい事をしていかなければいけない。その感覚は、まさに大切ですし、ファッション業界では基本中の基本ではあります。しかし、冷静に考えて、全て新しいことを取り入れすぎて、目も当てられないようなコレクションも多いのが事実。

そういった意味合いから見てみると、コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マンは日本的であり、やっぱり日本人にはしっくりくるのかもしれませんね。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る