韓国・衿川芸術工場 「2013 ダ・ヴィンチアイディア公募発表会」にて、 新作デジタルアート作品を展示

韓国・ソウルにある衿川(グムチョン)芸術工場にて、「2013 ダ・ヴィンチアイディア公募発表会<ブルーアワー:機能と美学の境界>」が開催されます。今年で第4回目を迎える同展覧会は、デジタル技術に基づいた芸術的なアイディアを募集し、発表の機会を提供する支援事業。チームラボは招聘作家として、新作のデジタルアート作品「世界は、均一化されつつ、変容し続ける」(音楽:高橋英明)を展示いたします。期間は、2013年9月11日(水)~10月15日(火)まで。

展示詳細:http://www.team-lab.net/latest/exhibitionlist/2013davinci.html

作品ページ:http://www.team-lab.net/all/pickup/hatw.html

 

【出品作品】
≪世界は、均一化されつつ、変容し続ける / Homogenizing and Transforming World≫

空間に浮遊している各球体は、自立していている。そして、他の球体へ無線によって通信を行う。球体は、人が叩いたり、何かにぶつかったりして、衝撃を受けると、光の色を変化させ、色特有の音色を響かせる。そして、その球体は、その情報を他の近辺の球体へ伝播させる。伝播された球体は、同じ光りの色に変化し、その色の情報を他の近辺の球体へと伝播させる。

世界にネットが張り巡らされ、個人が近辺の人々とつながり、近辺の人々と自由に情報を行き来させるようになった。情報は、個々人を媒介に伝播していき、世界は、瞬く間に均一化していっている。そして、全ての個人が自由にそして簡単に、つながっている人へ情報を発信でき、その情報が、同じように、個々人を媒介に世界へと伝播していくため、世界は、瞬く間に変容もしていく。

音楽:高橋英明

 

【概略】
展覧会名:2013 ダ・ヴィンチアイディア公募発表会<ブルーアワー:機能と美学の境界>
会場名:衿川芸術工場(Seoul Art Space)
http://www.seoulartspace.or.kr/
開催期間:2013年9月9月11日(水)~10月15日(火)
開館時間:10:00~18:00
休館日:9月18日(水) ~ 9月22日(日)
住所:SEOUL FOUNDATION for ARTS and CULTURE, ART SPACE WORKING GROUP, #517,
Cheonggyecheon-ro (or, #255-67, Yongdu-dong), Dongdaemun-gu, Seoul (zip code 130-823), Korea
http://eng.seoulartspace.or.kr/introduce/roughmap.asp

 

【参加アーティスト】
kimchi and chips
NXUX
OPENER
オム ジェファン
EMP
ジョン ジャヨン
チェ インギョン
ハイブリッドメディアラボ
チームラボ

 

衿川芸術工場(Seoul Art Space)とは
ソウル文化財団がソウル市のカルチャーミックス政策に基づいて、2007年に開館した芸術創作空間のひとつ。古い印刷工場を改修し、視覚芸術と国際アーティスト・イン・レジデンスの施設となっている。
http://www.seoulartspace.or.kr/

チームラボとは
プログラマ・エンジニア(プログラマ、UIエンジニア、DBエンジニア、ネットワークエンジニア、ロボットエンジニア、コンピュータビジョンエンジニア、ソフトウェアアーキテクト)、数学者、建築家、Webデザイナー、グラフィックデザイナー、CGアニメーター、絵師、編集者など、情報社会のさまざまなものづくりのスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。

チームラボ株式会社
http://www.team-lab.com/

チームラボ作品紹介
http://www.team-lab.net/

本件に関するお問い合わせ
チームラボ(広報担当・工藤/森)
lab-pr@team-lab.com
03-5804-2356

 

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る