「岡山倉敷のジーンズこそ芸術的作品!」

ジーンズを持っていない人、いますか?恐らく、質云々として国民1人に対して1本は必ず持っているでしょう。そんな訳で、既に我々の生活の一部となっているジーンズですが、国内で作られている事をご存知でしょうか。

しかも、とある地域に関しては“国内ジーンズ発祥の地”と呼ばれおり、日本におけるジーンズはここ抜きでは語れない、そんな場所があるのです。ちょっとした服好きの方であれば、知っているかもしれませんが、その地域こそ「岡山県倉敷市」なのです。ジーンズと岡山…何故でしょうか?

単純に結びつきが分からないって人も多いと思いますが、この岡山こそジーンズの聖地なのです。元々、岡山県というのは繊維の街として栄えていた場所です。特に、岡山県の児島は、江戸時代に干拓地だったため、塩分の多い土地でも育ちやすい綿花栽培で栄えており、国内的に有名な産業地だったようです。

さらに、江戸時代の綿作に伴って、真田紐や織物、足袋などの製造販売が始まったと言われ、産業の力はどんどん加速していきます。当然、時代の流れと共に機械化が進んでいき、紡績工場が開設されることで、輸出品なども増加していきます。その根底があるからこそ、時代の波に乗りながら服製造なども行い続けることになっていきます。

そして、この岡山県倉敷市がジーンズ造りに着手したのが、1960年代。1965年には、ついに国内初のジーンズが発売されることとなり、大きな話題と共に、国内ジーンズ発祥の地として名を全国的に馳せることになったのです。この岡山で造られるジーンズは、ただセンスが良いというだけでなく、ディティールのクオリティが高いことでも有名です。

桃太郎ジーンズというメーカーがあるのですが、この桃太郎ジーンズはとにかくタフなことで人気です。生地が出来上がった時点から、ジーンズとして完成するまでに、何と15工程。しかも、各工程ごとに専用ミシンを使って、全て手作業で行うという手の入れよう。

そして、芸術的とも言える職人技は一度穿いてみればだれにでも、良さが分かるはずです。海外の高級ブランドもジーンズを多く手掛けていますが、やはり一生物というのは、同じ国で生産された一級品に越したことはありませんよね。そういった事で、新しいジーンズの購入を検討されている人は、是非「岡山倉敷ブランド」をチョイスしてみましょう。本物の技に酔いしれてみてください!

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る