Where the little things are written Vol.2 by Kaori Nagamatsu

Vol.2 パートナーへの贈り物

人生に置けるパートナーは人間だけではない。
ほっと家で一息つくときにそばにいてくれるペットもあなたのパートナー。人間よりも短い命でありながらも、日々を純粋に一生懸命生きる彼らは毎日「愛おしい」という感情を人に持たせてくれる存在ですね。
ペットといっても種類はさまざま。犬、猫はもちろん、フェレット、うさぎ、カメ。そしてヘビなど。私はこれまで大型犬のアフガンハウンドと、シナモン色のフェレットを飼い、現在は4ヶ月のMIXのオスの子猫と暮らしています。
初めて飼ったアフガンハウンドは35kgもあり、かっこよくて走るのが速くて黒い長毛。王子様気質で名前を呼んで無視される事もしばしば。笑

対するフェレットは1kgしかないのに好奇心旺盛で冒険野郎。言葉を発さないのに顔や行動での自己主張は誰よりも強くて。そして今は、今年10月、偶然にも亡きフェレットの誕生日に弟に拾われてきて飼うようになったやんちゃな子猫の成長を見守っています。

今回のモデル猫がその猫です。
ペットを飼うたび気になるのが、やっぱり「ペットグッズ」たるもの。
犬は首輪やリードを、フェレットにはかわいいハンモックを買ったりしました。うちの子猫にも猫グッズが気になるところです。現在、犬用のグッズは沢山ブランドもあったりと、種類も豊富ですが、猫は外に出さないのと、装飾を嫌うためかあまり表に出ていない様子。
そこでいつもそばにいる子猫用の「練習用首輪」を作ることに。練習用首輪とは、子猫のうちに首輪に慣れてもらうために着けるもので、動きの激しい子猫のためにベルトではなくボタンやマジックテープで留めているものです。

 

それぞれ黒ドット以外はリバティプリント。モチーフはヘビ。長さは25cm。ラメなどの刺繍糸で顔や模様を刺繍してあります。

ヘビの顔が後ろの首のあたりに来るように装着。ポップなヘビの顔がいたずらっぽく微笑んでいます。リバティプリントの柄が映えて、ラメの模様もキラキラ。

後ろにヘビの顔がある状態で前から見た図はこちら。女の子っぽい色ですね。色も選んで着けたいですね。
前にヘビの顔を持ってくると、子供らしい表情が引き立ちます。すべてマジックテープ使用。ヘビの顔の裏で留めています。
リバティプリントの鮮やかな柄と、刺繍のヘビを着けている子猫を見ていると自然と微笑んでしまいます。いつも猫や犬のモチーフでグッズを作っているKEORA KEORAの、パートナーの猫が使うためのやさしい布の首輪。

writen by Kaori Nagamatsu

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る