「田舎暮らしをよってたかって推奨するクリエーター?」

東京に憧れている、都会に出てオシャレに暮らしたい!こう思っている人って、アイドルを目指す、中・高校生ぐらいでしょうか?とにかく、今は不景気だったり地方にも様々な施設が出来た関係で、あまり東京に憧れを抱く人が少なくなった気がします。

とはいえ、何となく東京に企業が集まっていたりするので、結果的には東京に出なければいけず、年々東京の人口は増加しているようです。さて、高感度の方々はそんな東京で仕事はしつつも、田舎暮らしに憧れて郊外で生活する人が増えています。

特に雑誌などにも度々特集されていますが、住まいを郊外に移し、その結果都会では味わう事のできない、時間の流れに生活の豊かさなどを手に入れているようです。そんな中、とある有名なクリエーター達がこぞって、田舎暮らしを始めとしてその不便さと良さを語るインタビューを見ました。個人的には、田舎育ちなのでみなさんのいう不便さは恐ろしい程分かります。

しかし、不思議なのですが、その不便すらオシャレに見せようとしている、息の抜きかたがオカシイな…って思ってしまったのです。確かに田舎に暮らせば、都会の数分の一の家賃で倍以上の広さの家を持つ事ができます。自然に囲まれて気持ちがよいですし、海が近い場所だってあります。

ハッキリ言って、庭さえあれば週末は毎週バーベキューをする事もできてしまいますよ。ただ、そういった生活をする事に不便さはつきものですよね。東京で仕事もしているでしょうが、かなり時間と交通費はかかります。

確実に無駄です。とはいえ、田舎での仕事はありません。そんな不便さをしながらも、元々その土地で生きている人々の数倍の収入はある訳です。さらには、田舎でガーデニング系の仕事などもするようになるでしょう。

何となくですが、不便な場所で不便さを仕事にするのって、何で田舎に行ったのか個人的には分かりません。そして、よってたかって…というのも、何かオカシイですよね。本当に田舎暮らしをアートにするのであれば、ヨーガン・レール並にいかなければ、意味が無いような気もします。

とにかく、カタチだけの田舎暮らしは、あまり住民からも歓迎されませんし、避けた方が良いのかもしれませんね。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る