物語.73

閑静な住宅街にありながら、この切ないサービス。

中川さんのお店は本当にヤバいかもしれない。とはいえ、この雰囲気を見た感じ、私は薄々と何かに気付き始めていた。

「ごめんね!はい、前菜です」

奥さんが持ってきてくれたのは前菜らしき、黒い塊だった。

「う、うわ~。これ何ですか?」

「これかい?えぇっとね…ちょっと!アンタ!」

前菜から忘れてしまうとは凄まじい。

「それか?えっとな…。ハンバーグだよ!」

「ハ、ハンバーグ!?」

ハンバーグと言われたその食べ物は、白く小さな器のちょこんと乗せられ、切なさそうな表情で焦げついてる。

そもそも、前菜にハンバーグが登場することすら奇跡だが、何といっても、見た目があまりにも恐過ぎる。

「まぁ、案外美味しいかもしれないじゃん。食べてみようよ」

勇一が果敢にその黒い物体を口に運ぶ。

「ん!?これ、イワシ?」

イワシのハンバーグ自体珍しくは無いが、イタリアンレストランで前菜に出すのであれば、まさに斬新だ。

「味つけは?」

「いや…。特に特別なことはされてないな。んで、表面の黒い部分だけど…」

「俺も食べみます!んぐ…、ゴホっ!ゴホ!」

梶原君が急に咳き込む。

「それ、普通に焦げただけだろ?」

「これヒドいですよ…。何スかね…」

「由香、食べていいよ」

「沙織。それはダメよ。しっかりと味わって、中川さんにアドバイスしにきたんでしょ?」

今日は本当に食欲が無い。私の家は別に貧しかった訳では無いが、食べ物は毎日母親が節約をした、創意工夫の料理が食卓に並んでいた。

“どんなに美味しくない料理でも、食べ物には何も罪は無い。だから、どんなものでも感謝しながら食べなさい”私の母はいつも私にこう言い聞かせてくれた。

そのためか、どんなにマズいと言われているものでも、しっかりと食べ、食欲自体が無くなることはまず無かった。

しかし、今回は違う。作り手の暴力によってイワシが悪党になってしまった。こんな感覚は始めてだったので、正直戸惑ってしまっているのだ。

「分かったわよ。きっと2人とも趣味に合わないだけよ」

そう言って、私はその物体を口に入れこんだ。

「マズい…でも…なんだろう。これ、イワシのハンバーグじゃないわ」

「そうね…。これ、あ!もしかして…」

こんなことが起こるとは思わなかったが、しっかりと味わうことで、私と由香はとんでもない事実に気付いてしまった。

「うちの店のイワシ団子!」

信じられないことに前菜に、おでん用のイワシ団子を数個寄せ集めて焼いたようだ。恐らく、このイワシ団子は廃棄にするため中川さんに渡した物…。

美味しいとか以前に、その奇跡的な発想に私は徐々にテンションが上がり、おかしくなり始めていた。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る