「ランチに目を向けた斬新な番組“サラメシ”」

このコラムでは、たまにテレビ番組などを紹介していますが、大衆向けであっても、映像作品としても優れたものであればアートと呼べる何かがあると思うんです。さて、そんな訳で今回紹介したいのが、NHKで放送されている「サラメシ」という番組です。

働く大人の昼ご飯をテーマに様々な場所に行っては、その土地で働く人々の昼ご飯を見ています。何故、素人の昼飯なんかみなきゃいけないの…?こう思ってしまった方は、ちょっとまだまだ甘いですね。

この昼ご飯をフューチャーしたところに、アートを感じます。他の番組などでは、有名人が行っているというテイで高級店のお得ランチを紹介したり、恐ろしい価格のランチを紹介したり…。さらには、ダイエットをしている芸能人の質素な昼ご飯を見せてスタジオ観覧の人達が驚嘆する映像とか…。

もう、どうでも良いものばかりです。このサラメシには、一切の見栄も恥もありません。本当にクレーンを操縦している方の昼ご飯であったり、商店街の中にある社員食堂、コールセンターで働くとある社員の昼ご飯。まさに地味なのですが、その時間や昼ご飯に込められているドラマなどが垣間見えると、非常に感慨深く、そしてユニークであったりするのです。

10年間、大きいおにぎりだけという方もいました。しかし、絶対妻が握ってくれるものでなければ嫌だ…というのですから、素敵です。さらに、ユニークなのが少人数性の事務所。ちゃんと台所が事務所にあるマンションタイプのところでは、順番で料理当番が決まっているとか…。

人それぞれ、そして職場によっても全く違うのが本当に面白いのです。ちなみに、納豆を一日も昼ご飯で欠かしたことが無い…ってな人もいましたね。こういった、昼ご飯ひとつとっても、多くの人達が何か思いを込めて過ごしているのです。さらに、その番組をより面白く盛り上げるのがナレーション。

このサラメシのナレーションは、何と俳優の中井貴一さんだそうです。ちょっとおふざけなども入れて、バランスよく進行しています。必ず取らなければいけないランチタイムこそ、人間とのコミュニケーションが一番深まる時間でもあるのではないでしょうか?

そういった部分に目を向け、さらにはしっかりと番組として成立をさせているというのは、さすがNHKののなせる技といった感じです。なかなか、見る機会も無いという方は多いかもしれません。ただ、必ず一度は見ておくことをオススメします。あの空気感にハマってしまうこと…間違い無しでしょう!

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る