「原点回帰なら、安藤裕子を」

J-POPが廃れた…。こんなことは数年前から言われていることですが、当然良いアーティストと言われる人達も多く活動をしています。そんな中、メジャーでありながら異質な存在感を放ち続けているアーティストがいます。それが、安藤裕子です。何となく、のうぜんかつら、という曲を聞いたことがある方もいると思います。

デビュー10周年を迎えた、ということで精力的に活動を近頃はしているので、ファンでならずとも、芸能ニュースをチェックしているような方であれば、動向は知っているかもしれませんね。さて、そんな安藤裕子なのですが、とにかくその世界観はある一種のアートです。しっかりと曲を聞いたことが無いかたであれば、聞いておくべきでしょう。

ポップスという枠組みを、完全に独自の世界感に昇華しており、数いる女性ボーカルの中でも群を抜いています。そもそも、セールスが基本の今の音楽業界の中で、女性ボーカル特有のキレイどこだけでのセールスでは無く、曲で勝負するのが好感が持てます。また、情緒的でありながら激しく芯の強い音楽性がより心に突き刺さります。

ポップスという曲は、何となく似たり寄ったりの楽曲であり、ライブなどでも、知らないという音には反応しづらいものです。しかし、誰の心にもスッと寄り添うような曲が安藤裕子には揃っています。案外、メジャーのポップアーティストとしては、珍しいタイプのアーティストなのではないでしょうか?もし、何か新しい音楽を探している方は、敢えてこの辺りに還りみるのも面白いかもしれません。是非、チェックをしてみてください。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る