「衝撃の未来はすぐソコに?アイトラッキングが変える世界とは?」

現在の技術というのは凄いもので、未来にこうなった良いな、と思っていたことが次々に実現しています。スマートフォンなども良い例で、まさか画面をタッチしながらインターネットがどこでもできる世の中を、誰が想像したでしょうか。

さらには、素晴らしいことに、便利などだけでなく、デザイン性にも非常に優れており、まさに昔夢見た未来的なスタイルを現代の我々は手に入れている訳です。さて、そんな最先端な技術の中で次に注目されているのが、頭で考えたことを伝達するだけで、物事が完結する技術です。コンピューターを始め、電化製品や車など、手を使う必要も無く反応する訳です。

まさに、ドラえもんの世界観ですが、近いうちスタンダードになることでしょう。さて、まだ頭で考えただけ…という技術ではありませんが、目で見るだけで近い機能を生み出す技術が開発されています。アイコントロールだけで、コンピューター上のものを差し選ぶことができ、さらには文章を書いたり描いたりできるそうです。ついに、ここまで来たか…という感じですよね。

ちなみに、アイトラッキングという技術なのだそうですが、専用のメガメをかけ、利用者の目線を追いかけて、対応する機器がその情報を認知するという流れだそうです。まぁ、本当に凄いですね…。ドビー社という会社が開発した技術だそうで、すでに研究分野であったりコンピューター管理の現場では取り入れられているようです。

アイトラッキング機能が、普通になった時、次の段階としてはデザインがあります。実際、ドラゴンボールのスカウターのようなものを身に着けるのは、非現実的です。とはいえ、何かを目の中に埋め込むということでは、問題が起こりうります。結果的に、普通のスタイリッシュなサングラスというような運びになるでしょう。

しかし、そのデザインはできるだけモダンで、都会的な感じでなければいけません。どこで使っても違和感の無いデザイン。難しいですね。技術が日常に取り入れられ、地方のスーパーマーケットでアイトラッキング用メガメをした主婦が増えた光景は不気味です。

こうなった時に、個性をアピールできるデザイン性も多様化してくるかもしれません。まさか…と、思うかもしれませんが、今の時代“あり得ない”と、いうことは死語だと思います。人間の技術というのは、思い描けば必ず形になります。今から10年後、いや5年後の風景というは、想像を超えたものとなっているのではないでしょうか。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る