「1人勝ちと言われているスターバックスの魅力とは…」

オシャレなチェーン店は儲からないと思いますか?

何となく雰囲気が良過ぎて入りづらいとか、あまりコーヒーが美味しくないとか、価格が庶民向けでは無いとか…。

様々な理由があるでしょうが、そんなオシャレでスタイリッシュなコーヒーチェーン店「スターバックス」が、近頃相当出店を売上げを伸ばしています。

他、チェーン店も不動の人気ではありますが、やはり間違いなくスタバは大人気です。

コンセプトスターバックスなど、ちょっと普通の店舗とは違う雰囲気やラインアップの場所も増加し、その勢いは止まりません。

噂によると、エナジードリンクも発売しているので、清涼飲料水オンリーのショップを開店させるかしないとか…。

まぁ、その辺は良いのですが、こういった場所の売上げが良くなるというのは、少し日本人の感覚も変化が訪れてきたのかもしれません。

特に、経費削減がメインの日本のチェーン企業とは違い、無料Wifiを飛ばしたり、2杯目は100円のサービスをしたり…と、それなりに安価で長居できてしまうシステムを作り上げています。

もちろん、電源装備の店舗も増えましたし…。

とにかく、出血大サービスが当たり前になって、顧客を増やしているのですから大したものですよね。

さて、そのコーヒーの味などは、好みもあるでしょうし、上手い不味いはここでは言いません。

後ひとつ、人気の理由に上げられるのが、スタッフではないでしょうか。

日本のチェーン店の特徴として、画一的なマニュアル接客があります。

そして、不潔感の無い、サラリーマンにもまさる地味な服装や髪型。

こういった、画一的で固いイメージは、スターバックスには一切ありません。

外資系という特徴もあるのでしょうか、とにかくスタッフ達が自由です。

長髪も居れば、髭もいる、ハーフパンツも居れば、斬新な服装もいる…。

何となく、個人店のような雰囲気に、和気あいあいとしたアットホームな印象も人気の秘密でしょう。

さらに、アルバイトをしてみたい、実際働いて良かったか、などの調査でもスターバックスはいつもトップクラスの人気だそうです。

こういった、内部から発信される活気なども良い運気を作り出している秘密なのかもしれませんね。

さて、スターバックスでは日本限定の「フォーム ドピオ エスプレッソ」という、ダブルショットのエスプレッソにスチームミルクをそそぐドリンクを今秋に定番化させました。

そういえば、ファッションショーと絡んだフラペチーノのショーなども開催したりと、チェーンとは思えない展開も要因かもしれませんね。

打ち合わせなども多く行われる場所だけに、より良いアイデアが生まれる空間をより良くしていって欲しいですね。

 

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る