「想像力はどこへ行く?テレビの必要性」

近頃、書籍やインターネットなどで目にする項目として“テレビ”は不要。という、そんな内容の記事を見るようになりました。一時期、テレビが面白いと言われた時代にはテレビを見るがために家に早く帰宅したり、その話題だけで職場が盛り上がるような時がありました。テレビから入ってくる情報が全てであった人も少なくないでしょう。

面白い事を考える人というのは、テレビが好きでしたし、さらにはテレビ番組の内容をパロディにして学校などでまねごとをするのも流行りました。今の時代、そこまでの影響力があるのかどうなのか、ちょっと分かりかねる…というのが本音です。

視聴率が高いドラマなどは近頃はありますが、ここまで視聴率、視聴率と叫ばれることも珍しい現象です。正直、業界では視聴率が大きなポイントではありましたが、我々一般市民がそこまで視聴率のことでを気にかける時代が来るなど、誰が予想したでしょうか?

まぁ、結果的に新聞でのニュースにネットで自らが欲しい情報だけが手に入る時代に、テレビというものの存在価値が問われ始めている現れでしょう。テレビでは新しい時代に向けて、テレビを見ながら番組に参加できるシステムと作ったり、開発段階ではありますが、画面の見たい場所だけをフォーカスしたりする機能も付けようと思っているみたいです。

しかし、それは意味があるのでしょうか?結果的に、アイドルやお笑い芸人、とあるプロダクションのタレントばかりを追いかける内容になっている時点で、求めていない視聴者は置いてけぼりな訳です。しかし、その状況を避ける為には、そういった人達しか出てこないチャンネルを専門に作るしかありませんよね。

つまり、有料というか、スカパーにwowowのようなみたいチャンネルと購入する、ということになっていくような気がします。放送自体を無料で見ることができる現在の民法のやり方は、絶対に変化させなければ、要らないコンテンツになってしまいます。情報過多な時代は、もう誰も止めることができません。

テレビ業界に文句を言うだけのという時代は終わり、自分自身賢く取捨選択ができることが、これからの時代を築き上げて行くのかもしれませんね。テレビは要らない…。確かにそうかもしれませんが、それも寂しです。

人間はパンのみにあらず…では無いですが、充実した日々の中心にテレビが戻ってくる時を密かに期待しています。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る