チームラボ、インタラクティブで互いに影響を与え合う、100個以上の浮遊する球体による巨大なインスタレーション作品を香港アートセンターで展示。2013/12/10(木) – 2014/1/12(日)

香港アートセンター(香港)にて、「Distilling Senses: A Journey through Art and Technology in Asian Contemporary Art」が開催されます。

 

 

チームラボは、100個以上の球体が浮遊する巨大なインスタレーション作品「世界は、均質化されつつ、変容し続ける」を展示。

浮遊する球体は、人が触れると光の色を変え、音色を響かせ、近隣に浮遊する球体に伝播させる。

伝播された球体も同じ色になり、同じ音色を響かせ、近隣の球体に伝播させていく。

期間は、2013年12月10日(火)~2014年1月12日(日)

展示詳細:http://www.team-lab.net/latest/exhibitionlist/2013davinci.html

 

【作品】

世界は、均質化されつつ、変容し続ける
Homogenizing and Transforming World

チームラボ, 2013, インタラクティブインスタレーション, チームラボボール, 音楽: 高橋英明

空間に浮遊している各球体は自律していている。

球体は、人が叩いたり何かにぶつかったりして、衝撃を受けると

光の色を変化させ、色特有の音色を響かせる。

そして、その球体、その色の情報を他の近辺の球体へ伝播させる。

伝播された球体は、同じ光りの色に変化し同じように色の情報を他の近辺の球体へと伝播させる。

世界にネットが張り巡らされ、個人が周辺の人々とつながり、自由に情報を行き来させるようになった。情報は、個々人を媒介に伝播していき、世界は瞬く間に均質化していっている。

そして、全ての個人が自由にそして簡単に情報を発信でき、その情報が同じように個々人を媒介に世界へと伝播していくため、世界は、瞬く間に変容もしていく。

 

 

【概略】

Distilling Senses: A Journey through Art and Technology in Asian Contemporary Art
会場名:香港アートセンター(香港藝術中心)
http://www.hkac.org.hk/en/
開催期間:2013年12月10日(火)~2014年1月12日(日)
開館時間:10:00~20:00
2 Harbour Road, Wanchai, Hong Kong / 香港灣仔港灣道二號
http://www.hkac.org.hk/en/contact.php

 

【参加アーティスト】

Chang Yung Ta, Shilpa Gupta, 石田尚志, Lee Yongbaek, Nam June Paik, Wang Ningde, Wong Chung Yu, Samson Young, teamLab

 

 

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る