「スウェーデンの女子大生が発明!格好いいヘルメット」

学生が自転車で、友人たちと一緒に登校するなんて光景、時代が進化を遂げながらも、まだまだ巷で見受けることが多々有ります。

そして、その頭部には決まって安全ヘルメット(白色)が装着され、いかにも学生!と、いう雰囲気を醸し出しています。

しかし、ファッションに敏感な年頃の子達であれば、ちょっとあのダサいヘルメットは被りたく無い、というのが本音でしょう。

そのため、首紐をかけながらも、しっかりとヘルメットを被っていない、イケてるスタイルを決めた子達もちらほら。

 

安全面とファッション性が融合したヘルメットがあれば、この問題を解決できるのに…と、思いませんか?

実は、スウェーデンの大学院にて、工業デザインを学ぶ女子大生2人が、このヘルメット問題を解決するヘルメットを開発したんです。

その開発期間、何と7年。

じっくりと考え込まれた、そのヘルメットとは一体どんなものなのか…早速紹介しましょう。

まず、ヘルメットのキャッチコピーですが「目に見えない」というもの。

ちょっとよくわかりませんが、見た目には全くヘルメットを装着していない、というものなのです。

 

 

「Hovding」と題されたこのヘルメットは、何とマフラーのように巻くことができる、ヘルメットを超えたファッション性の高いデザインなのです。

でも、頭をどうやって守るのだろう…と、いう疑問が出てきますよね。

「Hovding」は、あのエアバッグのように、衝突寸前に出現する仕組みになっているのです。

事故に合った瞬間の人間の動きをプロプラミングし感知。

0.01秒でエアバックが頭部を覆い、衝撃を吸収するというのですから驚きです。

ちゃんと、自転車事故に関するデータベースを持ち得ている医者とのタッグで実現した機能ですので、間違えは無いでしょう。

クラッシュテストの動画もあるのですが、頭部への衝撃は確かに抑えられそうです。

腰や体全体の打撃は、まぁ…仕方ないですが、画期的ではあります。

 

※見たい方はこちらから。

ちなみに、価格は日本円で5万円。

かなり高額ではありますが、ファッション性と安全性を取るのであれば、手に入れておくべきかもしれませんね。

 

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る