インタラクティブ・クリエーション・キャンプ  - あたらしいサイネージを、つくろう。

一般社団法人インタラクティブ・コミュニケーション・エキスパーツは、平成25年度文化庁メディア人材育成支援事業として、ユーザーインターフェイスのための表現をテーマとするワークショップ「インタラクティブ・クリエーション・キャンプ(http://i-c-e.jp/icc2014/)」を開催します。

 

本ワークショップでは、ART+COM のJussi Ängeslevä やプラプラックスの近森基など、さまざまな分野での表現をリードするクリエーターを講師に招き、インタラクション性のあるサイネージの制作に取り組みます。

受講者は学生・社会人を問わず、デザイン、アート、プログラミング、映像、アニメーションなど、さまざまなフィールドから募集。

次世代センサリングなどの先端技術にふれながら、ユーザーにあたらしい体験をもたらすインタラクティブ表現の可能性を探求していきます。

また、遠方に住む参加者向けにストリーミング中継を行い、遠隔操作による参加者も受け入れるという試みにもトライします。

講義は東京にて実施し、最終的にはスパイラルガーデンエスプラネード(港区)にて展覧会および公開シンポジウムを開催。

縦型のデジタルサイネージディスプレイを活用したグループごとの作品を展示します。

 

アートやデザイン、広告領域で活躍する先鋭クリエーターと若い才能の出会いから、どんな表現が生まれてくるのでしょうか。多様性ある才能の集合知から、今までにないソーシャルグッドなサイネージを創造しましょう。

 

【SCHEDULE】

▼開催時期(※基本、土曜・日曜開催)
2014.2.8 (土) – 3.23 (日)

▼関連イベント
展覧会 : 2014.3.12 (水) – 2014.3.23 (日) 11:00 – 20:00
トークシンポジウム : 3.21 (金) / 登壇者 Jussi Ängeslevä ほか
講評会 : 3.22 (土) / 登壇者 I.C.E 各社代表、デザイナー、エンジニア

▼開催地
ワークショップ : 一般社団法人I.C.E 各社オフィス(都内各所)
作品展示・講評・シンポジウム : スパイラルガーデン エスプラネード(スパイラルM2F)

 

【SPEAKER】

▼主要講師
Jussi Ängeslevä  ART + COM クリエイティブディレクター
近森 基  (株) プラプラックス 代表取締役
筧 康明  慶應義塾大学環境情報学部 准教授
▽(社) I.C.E
小池博史  (株) イメージソース 代表取締役社長
富永幸宏  (株) エイド・ディーシーシー 代表取締役社長
遠崎寿義  (株) ザ・ストリッパーズ 代表取締役社長
村田 健  (株) ソニックジャム 代表取締役社長
福田武芳  (株) ソニックジャム 取締役副社長
築地 ROY 良  (株) BIRDMAN 代表取締役社長
北村健  (株) ベースメントファクトリープロダクション
代表取締役社長
木下謙一  (株) ラナエクストラクティブ 代表取締役社長
阿部淳也  (株) ワンパク 代表取締役社長
澤邊芳明  (株) ワン・トゥー・テン・デザイン
代表取締役社長

▼実制作講師
藤牧 篤  (株) イメージソース アートディレクター
大内裕史  WOW ビジュアルアートディレクター
北村博朗  (株) イメージソース テクニカルディレクター
坪倉輝明  (株) ワン・トゥー・テン・デザイン プログラマー
Saqoosha  (株) カタマリ テクニカルディレクター
岡田智博  NPO クリエイティブクラスター 代表

 

【PROGRAM】

【1】2014.2.8(土)
第1回講義 講師陣紹介、企画概要説明、全体スケジュール、自己紹介
第2回講義 企画に関する講義:事例紹介> 屋内外広告でのインタラクティブ表現
第3回講義 テクニカル事例 / 制作秘話
第4回講義 デザイン・テクニカル事例 / 制作秘話

【2】2014.2.9(日)
第5回講義 企画に関する講義:事例紹介> 次世代インターフェイス
第6回講義 テクニカル事例 / 制作秘話
第7回講義 デザイン事例 / 制作秘話
第8回講義 グループ分け、企画ブレスト

【3】2014.2.15(土)
第9回講義 企画に関する講義:事例紹介> 芸術分野でのインタラクティブ表現
第10回講義 企画発表、講評
第11回講義 実装 / デザイン相談会

【4】2014.2.22(土)
第12回講義 フィードバック、最終プレゼン、制作物決定
第13回講義 実装 / デザイン相談会
第14回講義 実装 / デザイン相談会

【5】2014.3.8(土)
第15回講義 実装 / デザイン相談会
第16回講義 実装 / デザイン相談会

【6】2014.3.11(火)
展示設営

【7】2014.3.12(水) – 2014.3.23(日)
展示
第17回講義 トークシンポジウム(3/21) / 登壇者 Jussi Ängeslevä
第18回講義 講評(3/22)

 

【ワークショップ参加資格】

【A】ENGINEER 20名程度
◇メディア芸術・インタラクティブ表現に興味がある。
◇Flash , openframeworks , Processing , Max / MSP / Jitter, PD などのフレームワークで
習作を作ったことがある。
◇Kinect を使ったことがある。
◇Arduino 使って簡単な電子回路を設計した経験がある。
※Arduino での自作のインプットや、Kinect などの距離画像センサを利用した情報入力を想定しています。

【B】DESIGN 10名程度
◇メディア芸術・インタラクティブ表現に興味がある。
◇ウェブサイトやアプリケーションのインターフェイスのデザインを行ったことがある。
◇アニメーション、CG 制作を駆使した映像制作を行ったことがある。

▼応募〆切:2014.1.25 (土) まで
※ AとBの混成によるチームでの参加も歓迎します。その場合は3〜5人ひとチームでご応募ください。

▼選考方法:提出書類をもとに審査し、1 月下旬までにメールにて結果を通知致します。
※募集要項については公式サイト(http://i-c-e.jp/icc2014/)をご覧下さい。

▼参加費:無料

▼提出書類(3点):1) 履歴書
2) 志望の動機(200~300 文字程度)
3) 作品(リンクのURLかPDF)
※チームの場合は、各人ごと記載しまとめて、ひとチームとして応募してください。

 

【ABOUT I.C.E】

デジタルクリエーションの先端表現を志向するクリエイティブプロダクションによって設立された、教育普及を目的とする団体です。

▽会社名: 一般社団法人インタラクティブ・コミュニケーション・エキスパーツ
▽所在地: 東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティW22F
▽代表理事: 富永 幸宏 設立: 2012年10月29日
▽公式サイト:http://i-c-e.jp/icc2014/
▽Twitter:https://twitter.com/ICCICE
▽Facebook:https://www.facebook.com/InteractiveCreationCamp

 

ICE_logo_fix

 

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る