「あのKINFOLKが、次はライフスタイルブランドを展開!」

以前も何回かコラムで書いたのですが、

あのポーランドのライフスタイル雑誌「KINFOLK」から、アパレルやライフスタイルグッズが発売されるとの情報が入りました。

今、飛ぶ鳥を落とすような勢いで話題となっているKINFOLKだけに、日本でもかなり注目度は高いようで、各メディアもこぞってこのニュースを取り上げています。

さて、このKINFOLKを出版しているOuur Studioが展開するブランドは「Ouur by KINFOLK」

そのままのネーミングですが、そこにもまた狙った感の無いナチュラルな雰囲気で好感が持てますよね。

 

このブランドのコンセプトは“ありのまま、美しいくらし”と、いうことで、ナチュラル感の強いアイテムがラインアップされています。

とにかく、情報過多な時代において、日々様々な価値観が変化している現状。

それに対して、Ouur by KINFOLKは着込む程に味わいが増すアイテムを用意しており、着込めば着込むほど愛着が湧いてくるような、サスティナブルな服を提供してくれるようです。

ライフスタイルありきな、ものづくりなので、結果的にシンプルであり機能的なシンプルで生活感溢れるアイテムが揃っています。

 

SMALL GATHERING(=身近な人々と身近な場所で集う)という世界観を大切にしており、のんびりと片意地をはることのない、ナチュラルな雰囲気で溢れているのです。

 

さて、こういった本業のサブ的アパレル展開となる訳だから、どうせあまり種類が無いのだろ…と、思っていたのですが、意外にも結構な種類が揃っているのです。

2014年の春夏シーズンの展示会が昨年、アクタス・青山店で開催されたようですが、衣類×雑貨で計102型(衣類39型、雑貨63型)という、案外幅広いラインアップ。

素材は勿論、コットンやリネンなど安全な素材を用いており、ユニセックスでも楽しめるデザインが多いのも特徴だそうです。

価格帯は、Tシャツ4,200円から、シャツは12,000円。

パンツも一番高価で21,000円、コートなどは25,000円と、かなりリーズナブル!

ナチュラル系のブランドにありがちな、衝撃プライスという内容で無いところが、またまたファンを増大させそうな雰囲気ですよね。

さて、このOuur by KINFOLKなのですが、実は日本展開を皮切りにしたスタートとなるようです。

4月に天王洲にオープンする予定の、アクタスのコンセプトショップでの本格始動となり、その後、ポートランドでも展開してくようです。

やはり、日本で成功することが大切なのでしょうね。

とにもかくにも、注目度の高いブランドがまた国内上陸してきます!

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る