「ライフスタイルブームは、金持ちの道楽なのか?」

物事はシンプルに考えるべき!と、良く言いますが、

実際その生活ができるのであれば、誰だって幸せです。

例えば、やりたいことをただただ只管目指すこと。

これ意外の事は考えずに、シンプルに生きる。

これって、普通の生活をないがしろにしろ、と言われているようなものです。

人間は生活や様々なものに常々追われている事を、放棄しまうことなのでしょう?でも、実際そんなシンプルな生き方が出来ている方もいます。

さらに、生活との両立も出来ています。

 

シンプルに生きる、これこそ近頃大流行のライフスタイル系ショップなどの、ブームを作り上げたのです。

素敵に働いているのにも関わらず、ちゃんと素敵な生活も出来ている。

さらには、ただの成金のような趣味の悪いものに囲まれているのではなく、機能性も兼ね備えたスタイリッシュな家具などが揃っている。

これこそ、シンプルな生き方のお手本!と、いう感じです。

それが幸せなのかどうかは分かりませんが、これも一種の自己顕示欲の現れかもしれません。

成金的な方達は、できるだけ高級なものを並べ、客人を呼んでさりげなく価格を出し、素晴らしいと言われることを待ち受けます。

しかし、現在のライフスタイルの達人達も近いでしょう。

 

雑誌に出ては、素敵なキッチンや家財、部屋などを見せびらかし、○○さんの台所。

的な見出しで、特集が組まれたりもします。

 

それが、恐ろしく有名な方であれば別ですが、基本的にはアーティストやデザイナー、建築系に手に職系の方々です。

しまいには、コラムを書いているだけの主婦までいます。

そういった方々のキッチンは確かに素敵かもしれませんが、どうして他人の家のキッチンを見て喜ばなければいけないのでしょうか?

事実、商売として成り立つ企画だからこそ、続けられることでしょうが、とてもシンプルな生き方とは思えません。

不便なものをスタイリッシュに蘇らせて使うことは大賛成です。

しかし、その不便さは、当時ひもじく貧しい生活を強いられていた方々が行っていたものです。

それを、小金を持ち始めた方々が敢えてその生活をして、それを見た人達が憧れる。

何か、不思議ですよね。

このライフスタイル系ブームを手放しで喜ぶのもちょっと危険かもしれません。

シンプルな生き方が、勝ち組の生き方になってしまっていては、別の意味合いが出てきます。

是非、こういった生活を夢見ている方は、金持ちの道楽、というような印象を与えないよう、より工夫してくださいね!

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る