ギャルリーためながにて世界が注目する平成の絵師・智内兄助の待望の新作展を開催

花鳥風月や衣装文様が表現する日本の美意識を、日本画と洋画の境界線を越えた独自の幻想世界に展開させる絵師・智内兄助の新作40余点を、ギャルリーためながにて展示。

智内兄助は1948年愛媛県に生まれました。

東京藝術大学大学院にて油彩画を学んだ後、1980年代には和紙にアクリル絵具で描くという、日本画と洋画との境界を越えた革新的な様式を確立しました。

これにより、智内の幻想世界は華麗にそして無限に展開し、日本の伝統美である衣装文様や花鳥風月が彩る智内独自の優美な芸術を誕生させています。

2000年以降は活動の場を海外へと広げます。

ギャルリーためながフランスにて開催した初個展を機に、大コレクターであるロスチャイルド家の蒐集が始まり、たちまちヨーロッパの多くのコレクターを魅了していきます。

昨年秋より開催されましたロンドンの個展でも大絶賛を浴びるなど、海外でのより一層の活躍が期待されております。

今展でご紹介する「Utopia」と題された作品では、近年取り組んでいる花々、そして山々という日本人の原風景に迫ります。

永遠なる四季の中に百花咲き誇り、蝶が優雅に舞う理想郷の世界です。

是非ご高覧くださいますようご案内申し上げます。

レセプション:2014年3月13日(木)17:00 – 19:30
会期:2014年3月14日(金)~ 4月5日(土)

ギャルリーためなが
東京都中央区銀座7-5-4
03-3573-5368
10:00~19:00 日曜・祝日休廊
www.tamenaga.com

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る