関東初上陸!「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」より、 描いた魚が目の前の巨大な水族館で泳ぎだす「お絵かき水族館」と 「光のボールでオーケストラ」が、イオンモール幕張新都心に登場。4/19(土)~

イオンモール幕張新都心グランドモール3F「イオンホール」(千葉)にて、「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」より、描いた魚が目の前の巨大な水族館で泳ぎだす「お絵かき水族館」と、叩くと色が変り音がる「光のボールでオーケストラ」を展示します。
期間は2014年4月19日(土)~ 5月11日(日)まで。

展示詳細:http://www.team-lab.net/latest/case/makuhari.html

 

■出品作品

お絵かき水族館 / Sketch Aquarium
チームラボ, 2013

 

この水族館は、子どもたちが描いた魚たちが泳ぐ水族館です。

子どもたちが「紙」に自由に色を塗ったり、模様をつけたりして、魚の絵を描きます。すると、他の子どもが描いた魚と共に、目の前の巨大な水族館で、その魚たちが泳ぎ出します。

同じ形の魚は、群をつくったりします。

子どもたち自身が水族館に近づくと、魚にエサをあげることもできます。

 

光のボールでオーケストラ / Light Ball Orchestra

チームラボ, 2013

sub1

 

 

叩くと、色が変わったり音が鳴ったりする、光のボールによるオーケストラです。

子どもたちは、同じ空間で、身体全体を使いながら、大小さまざまなボールに触れることで、共同で空間の色を変化させながら、音楽を自由に奏でます。

 

▼『チームラボ 学ぶ!未来の遊園地』展とは
共創 (共同でクリエイティブな)な体験をしよう。

クリエイティブでかつ、チームで共に創造できるような人間が、これからの時代は、もっとも活躍できるのではないかと考えています。

現状の日本の教育は、暗記重視で、小さいときから徹底して個人の総合的な能力を伸ばすことに集中さ れ、個人テストで評価されています。

クリエイティブな面が少なく、チームでの評価はな く、個 人主義を叩きこまれているように感じます。

共同で創造するという意味の「共創(きょうそう)」。

それが、子どもたちの学び、にとって、とても大切になるのではないかと思います。

最新のデジタルテクノロジーなどを使い、子どもたちが同じ空間で、自由に体を動かしながら、互いに影響を与えながら、楽しみながら共同的で創造的な体験をしていく。

「共同で、創造していく」、そういう人間になってもらいたいという願いから生まれた未来の遊園地です。

今後は、実験と検証を重ねながら、同じテーマの作品を増やしていく計画です。

そして、『チームラボ、学ぶ!未来の遊園地』を発展させながら、イベント、常設問わず、多くの場所で行えればと思っています。

※「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」は、2013年11月に沖縄のデパート「リウボウ」にて初めて展示を行い、その後、三重、大阪、福岡の開催を経て、ヨーロッパ初のお披露目となりました。

今後も、宮崎、千葉、沖縄、静岡、名古屋、石川、東京、大阪で開催の予定が決まっています。

http://kids.team-lab.com/

 

【概略】

イオンモール幕張新都心
開催期間:2014年4月19日(土) ~ 5月11日(日)
開催時間:10:00~20:30
(各回30分完全入れ替え制、各回200名限定)
会場:イオンモール幕張新都心 グランドモール3F「イオンホール」
住所:千葉県千葉市美浜区豊砂1-1
料金:大人(中学生以上)600円(税込)
子ども(小学生以下)300円(税込)
※3歳未満無料
※小学生以下の方は大人の同伴が必要となります。
※毎日9:00より当日分チケットをイオンホール会場前にて販売いたします。なおチケットは、10:00から45分毎の時間設定となり、各回所要時間は30分です。
※チケットは先着順にて販売、当日分が完売した時点で販売終了とさせて頂きますので予めご了承ください。http://makuharishintoshin-aeonmall.com/

※初日4月19日(土)9:30~、報道関係者向けの取材時間を設けております。
詳細は、広報担当(工藤/森 Mail:lab-pr@team-lab.com)までお問い合わせください。

■チームラボとは

チームラボは、プログラマ・エンジニア(UIエンジニア、DBエンジニア、ネットワークエンジニア、ハードウェアエンジニア、コンピュータビジョンエンジニア、ソフトウェアアーキテクト)、数学者、建築家、CGアニメーター、Webデザイナー、グラフィックデザイナー、絵師、編集者など、スペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。サイエンス・テクノロジー・アート・デザインの境界線を曖昧にしながら活動中。

主な実績として、カイカイキキギャラリー台北で『生きる』展開催(2011)。フランス『LAVAL VIRTUAL』にて「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」が建築・芸術・文化賞を受賞(2012)。国立台湾美術館にてチームラボ「We are the Future」展を開催(2012)。『シンガポールビエンナーレ2013』にて、「秩序がなくともピースは成り立つ」を展示(2013~2014年)。

国内初の大規模な展覧会「チームラボと佐賀 巡る!巡り巡って巡る展」開催(2014)。

「teamLabBody」がUnity Awards 2013のBest VizSim Projectを受賞(2013)。

東京駅にある商業施設「KITTE」にて、新作「時に咲く花」を常設展示(3月21日~)。

『チームラボって、何者?』がマガジンハウスより刊行(2013年12月19日)。

現在、三重『ナガシマスパーランド』にて、「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地 ふしぎ体験 in ナガシマスパーランド」展を開催(3月25日~5月6日)。

福岡『キャナルシティ博多』にて、「お絵かき水族館」を展示(3月25日~5月6日)。

未来の家具「teamLab Digital Furniture」を世界最大規模の国際デザイン見本市『MILANO SALONE 2014』(イタリア/ミラノ)にて発表(4月8日~4月13日)。

チームラボ株式会社
http://www.team-lab.com/

チームラボ作品紹介
http://www.team-lab.net/

■本件に関するお問い合わせ
チームラボ(広報担当・工藤/森)
lab-pr@team-lab.com03-5804-2356

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る