「女性が抱く女優願望がもたらす、謎のカオス」

ちょっと前程より、何故か分かりませんが、美人時計という街中の美人がデジタル時計を持っているテイのアプリが流行っています。

いや…流行っているのかはわかりませんが、とにかくちょっとだけ話題です。

可愛らしい女性達を寄せ集めては、愛らしいポーズとともに現在の時間を確認することができる、男性にとってもとても楽しい内容になっています。

さて、それが良いとか悪いとか依然に、近頃の女性は本当に自分の見せ方をプロデュースしているな…と、あっけにとられてしまっています。

そもそも、写真を撮られるのが苦手という方もいますが、どちらかというと女性はカメラを向けられると、キレイな笑顔を作れる術を持っています。

さらに、それが可愛いとチヤホヤされる訳ですから、ほり拍車がかかって、モデル級のポーズをとれるようになるわけですね。

 

このアプリに参加している子達は、モデルの仕事などもしているようですが、バイト感覚な子もいるし、ただの街角スカウトもいます。

しかし、ちゃんと全ての子がキレイにポーズをとるのですから、これが一番の驚きではないでしょうか?勿論、自分が女性で可愛いから撮影してくれと言われれば興奮してしまい、周囲に自慢してしまうでしょうが、何か、可愛くポーズしている絵が想像できません。

女性の心理的には、自分を良く見せたいというものかもしれませんが、やはり…難しいですね。

これは、ひとつのアートというか、表現なのでしょう。

役者というほど大袈裟では無いと思いますが、舞台に立った時に豹変することができる、そんな感覚を持ち合わせているのかもれません。

であれば、美人時計の逆も存在しているのか…と、いうことになるのです。ありました、美男時計が。

しかし、こっちの方はちょっと雰囲気が違ってきます。

女性のように、満面の笑顔でも無いですし、だかといってメンズエッグやナックル系の攻めてる系のポーズでもありません。

何か、無味簡素な表情で、困った雰囲気で立ちすくんでいます。

これを見ると“俺でいいんすか…”と、いうような声が聞こえてきそうな、何とも味気ない仕上がりになっているのが気になります。

さて、そういった事からも、どうしても女性の方が女優志望…と、いう事になるのかもしれません。

疲れた時など癒されるために覗くのも良いと思いますが、色々考えてしまう癖がある人はあまりオススメできない、不思議なアプリです。

ちなみに、ホームページもあって、様々なコンテンツが用意されているので、好きになってしまった方は覗いてみるのも良いでしょう。

地方別で検索もできるので、生まれ育った地域のあの子が出ている可能性も大です。

昔、埼玉テレビで方言彼女という、方言を喋る女性達との疑似恋愛が楽しめる番組もありましたが、それに近い感覚かもしれませんね。

アートなのか、ただの男性娯楽なのか…。イマイチ、この国が持っている需要というのが、難しいな…と、ちょっと感じてしまいました。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る