幕末〜平成の時を経て、眠りから醒めた日本近代音楽150年

昨年、東京オペラシティ アートギャラリーにて”五線譜に描いた夢 -日本近代音楽の150年展”が催された。

これは展覧会の関係者からの誘いがきっかけだった、当初あまり気乗りしない気持ちで出かけて行ったが、それは大いなる心得違いであったことを痛感した。

 

幕末時、黒船が浦賀に来航したペリーの艦隊率いる軍楽隊のマッシブなサウンドの”砲撃”で近代へと繋がる音楽が始まったと言われている。

150年前の吹奏楽から流れてくるメロディがどんなものであったかは想像難いが、それがトリガーとなって西洋との結びつきが強くなっていった時代でもあった。

明治維新以降、日本は欧米列強に対抗すべく近代国家の礎を教育や政治、社会の枠組み、法律等を特化し欧米に近づこうと混迷の中で突き進んでいった。

展示物の中心となったのは、誘って頂いた人物と縁ある明治学院大学図書館付属日本近代音楽館の所蔵資料であった。

よくもあの戦禍の中をくぐり抜け保存できたものだと驚いた。

 

資料はかの音楽評論家遠山一行氏が私蔵していた50万点を明治学院へ寄贈したものだった、氏が高齢のため縁ある明治学院へ申し出たのだという。

私財を投じたその殆どはクラッシックがメイン、作曲家自筆の楽譜、日記や原稿、レコード、音楽に関する書類など長年に渡って蒐集されたものである。

会場ではミニ・コンサートが8回にわたり演奏されたらしいが、あいにくその場に居合わせることが出来なく残念な思いをした。

五線譜に描いた夢 -日本近代音楽の150年は、時代別に日本近代音楽の変遷が4章の構成で紹介され約300点が展示されていた。

 

第1章は”幕末から明治へ”

展示室入り口で出迎えたのは、袴をはいた青年と思しき人物や日傘を差した女性がセピア写真で映し出されている、その当時の日比谷野外音楽堂で演奏会を催した時のスナップ写真である。

この写真を見て、”音楽”という概念もなかった日本人にとって目にするもの、聴くものすべてが新鮮であっただろう。

近代国家へと突き進む日本、その中で欧米の軍楽隊やキリスト教布教のために来日した宣教者たちによる賛美歌が日本に多大な影響を与えていく。

その代表的宣教師がヘボン式ローマ字を創始したジェームス・カーティス・ヘボン、彼は北アメリカ長老教会の宣教医として来日し、布教活動と共に今日の明治学院を創立した人物、それも私財を投じてと言うから教育への情熱は並々ならぬものがあった。

そのような背景から、遠山氏が音楽教育の元となった明治学院へ寄贈したというのも頷ける。

幕末から明治初期の人々に西洋音楽との邂逅は、まさに”散切り頭を叩いてみれば文明開化の音がする”であったと思われる、さらに人々はある種の浮かれと欧米の文明に畏れをなしたかも知れない。

近代化という不可視なものが音もなく進む中で、赤レンガの建築物や服装そしてピアノやオルガンなどが登場し文明開化という象徴がじわじわと人目を奪っていった。

いかにも明治時代を彷彿とさせる、異国情緒たっぷりの絵があった、畳部屋で尺八とバイオリンが合奏する様子を描いた”和洋合奏之図”、正座しながら演奏するというのも今では考えられない風景だが、右も左も分からない庶民にとって新しい音楽を学ぶ姿は純粋そのものに見える。

 

第2章は「大正モダニズムと音楽」。

明治時代よりもバージョンアップされた大正時代、経済の発展を背景に都市化が進み、華やかな大正モダニズムが開花し、生活文化の西洋化が進むなかで、新しいライフスタイルを提案する百貨店なども登場し、モボ(モダン・ボーイ)やモガ(モダン・ガール)という言葉も生まれ、当時の若者たちはこぞってファッションを意識し風俗や時代をリードする存在となった。

常に流行は若者の文化であり、その源流が大正時代であったことは言うまでもない。

音楽の世界では山田耕筰の存在が極めて大きい、山田耕筰の肖像画やスケッチ、楽譜などが展示されていた。

今日の音楽基盤に多大な貢献をし、童謡からクラッシックに到るその功績はいまも決して褪せることなく息づいている。

 

第3章は「昭和の戦争と音楽」。アバンゲールと言われた戦前の昭和が紹介されている。

ラジオやレコード、トーキー(無声映画)などの普及によって、クラシックがブレークした時代。

PCが登場し寸暇を惜しんでネットに興じる以上に、音だけではあったもののラジオの存在はさぞかし度肝を抜かれたことだろう。

だがその熱気も次第に影を落とし、きな臭い戦意高揚という”闇”が訪れてくる。

若者を惹き付ける音楽は国賊と見なされ、”愛国歌””軍国歌”が日本人の精神を鼓舞するためと愛国歌を強いられていく、自由に歌える歌などない、国民は自由を奪われ国家に縛り付けられた。

この時代の匂いはどこか今の愛国心を煽る時代に似ている気がする、日本人にとって決して忘れてはならない時代だ。

 

第4章は「戦後から21世紀へ」。

戦後の日本は闇市と化し、焼け野原であった地を復興のためにと労を惜しまず働いた。

以前コラムで書いた瀧口修造をリーダーとする実験工房グループの前衛運動が輝きを増していった、あの忌まわしいカーキ色の色から解放され国民はようやく自由な音楽・芸術を味わうことが出来るようになったのだ。

そこには武満徹、湯浅譲二、林光、柴田南雄等々の戦後の再生に力を注いだそうそうたるメンバーたちがいた。

幕末のペリー艦隊が放った”砲撃”は今日の音楽の礎を作ったが、その道は決して順風満帆ではなく、険しい道のりでもあった。

”日本近代音楽150年”がいつまでも歴史を刻み、過去の過ちを二度と繰り返さないためにもこの資料は貴重だ。

音楽に国境は無いと言われるが、時にはその音楽も国境を寸断してしまう恐れがある。

それがこの国であったことを、昨年の日本近代音楽150年展で再確認した、それを忘れずにいたい。

 

KC3Z0148

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る