サバイブライフにぴったりなマルチツールが人気!

 

 

日々、日常的に使っているツールが大好きな方は多いでしょう。

例えば、ちょっとしたネジ締めであったり物差し、クリップなどもそうです。

ここでぱっくりと分かれるのが、100円均一で購入できるもので何ら遜色は無いと思う方か、敢えて一番良いものを選ぶのかという方。

どちらも、それなりのこだわりがあるのかもしれませんが、どうせなら心を刺激するような、楽しくスタイリッシュなツールをチェックしたいものです。

 

さて、そんな各種ツールなのですが、これも今はデザイン性が相当高くなっており、1種類だけの用途では無い斬新なマルチツールとして隠れた人気があるようです。

マルチツールというと、あのスガキヤのフォークスプーンを思い出します。

先がフォークのようになっているのですが、形状はスプーン。

ラーメンを食べるためには非常に優れたツールとなっており、あのニューヨークの現代美術館で販売されているほどです。

 

こういった、ユニークなマルチツールがどんどん今では増えているという状況は、プロダクト系の業界にとってもとても良い刺激になるのではないでしょうか。

さて、ここでそんな話題となっているマルチツールがあるので見て行きましょう。

 

まずは、ミニツールクリップです。

Leatherdos/Clippa」と名付けられたこのヘアピンなのですが、えっらい多機能性を秘めたグッドアイデア商品となっています。

一見、ただのヘアピンに見えるのですが、どうもその細かいディティールがおかしいのです。

まず、六角レンチの穴。これで、こういったものが締められます。さらには、ギザギザと尖った鋭角の部分があるために、カッターとしてもつかう事ができますね。

 

そして、物差し的な模様。しっかりとこれでスケールなどを計ることもできそうです。

まさかの時に、ヘアクリップとして使っているものが便利ツールとして使用できるのですから、その場にいた人達の喝采を浴びることは容易に想像することができますね。

Monteverdeのスタイラスペンも、マルチツールとして大人気です。

頭の部分の先端がノック式となっているために、90年代風の懐かしさを覚えますが、このノック部分を外すと中には様々なツールがストックされているのです。

 

もちろん、普通のペンとしても使用することができますが、ケースの先端が加工されており、タブレット端末などでのペンとしても使えます。

1本あれば無敵!と、いった感じのマルチツールですね。

そして、何となくメリケンサック風のルックスとなってしまう、マルチツールリングにも注目です。

こちらは、ちょっぴり無骨な雰囲気のデザインでありながらも、それなりにスタイリッシュでファッション性もあります。

ただし、普通のリングでは無いのが様々な隠れた機能が入っている部分。

 

なんとも、糸鋸ツールであったりナイフ、そして栓抜きなどとしても使えてしまうのです。

ちょっと、リングがこんなになってしまうと、護身用という使い方もありそうなイメージですね…。

好きな人にはたまらない!ってな、そんなディティールです。

さて、そんな中でもかなり緊急用として使えそうなのが、「Seatbelt Cutter」。

まさにその名の通りなのですが、カッターがついているのです。

 

つまるところではありますが、車内などに閉じ込められてもこれさえあれば、サクっとベルトを切って逃げ出す事ができるってな訳です。

ただし、なかなかそんな状況が無いのが難しいところですが…。

大きな事故などに合った時用ににひとつは持ち合わせたいかもしれません。

そして、最後の紹介するのが「Bear Grylls Ultimate Multitool」。


こちらは、ペンチが基本のルックスですが、持ち手にはナイフやら栓抜きやらのこぎりやら、様々なツールが隠されています。

サバイバーな方の必須アイテムってところでしょうか?今後も、こういったユニークなマルチツールが出てくると思います。

軽量化や緊急事態を考えると、ひとつは持ち合わせたい、ナイスなプロダクトですね。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る