資生堂ギャラリー「荒木経惟 往生写集-東ノ空・PARADISE」(※Pは反転が正式名称)展開催のお知らせ 2014年10月22日(水)-12月25日(木)

資生堂ギャラリーでは、2014年10月22日(水)から12月25日(木)まで「荒木経惟 往生写集-東ノ空・PARADISE」(※Pは反転が正式名称)を開催します。

アラーキーの愛称で知られる荒木経惟は、60年代から幅広い被写体にカメラを向け、常にセンセーショナルな話題を振りまき、社会の注目を集め続けてきた写真家です。1964年に下町の子ども達を撮った写真集『さっちん』で、第1回太陽賞を受賞。1971年の愛妻・陽子との新婚旅行を記録した『センチメンタルな旅』では、自らの日常を日記のように記録した「私写真」という独自の世界を切り開きました。以降、今日に至るまで膨大な数の作品を発表しています。

展覧会タイトルの「往生写集」は、平安時代の僧侶・源信が著した仏教書『往生要集』(985年)から想を得た荒木の造語です。源信は多くの仏教の経典や論書などから、極楽往生に関する要文を集め、死後に極楽往生するためには一心に仏を想い、念仏を唱えることが大切と説きました。のちにその教えは、我が国の浄土思想の基礎となったと言われています。

今回の「往生写集」展は、豊田市美術館(4/22-6/29)、新潟市美術館(8/9-10/5)、そして資生堂ギャラリーの3館合同で開催する企画展で、それぞれに異なるサブタイトルと出品作で構成されています。2009年の前立腺癌の発症と摘出手術、その後の愛猫チロの死や東日本大震災の経験などが荒木に自らの「死=往生」を意識させ、それを機にこの合同企画展が実現しました。

最終開催地の資生堂ギャラリーでは、「死=往生」から「再生」に向かっていく、荒木の現在の心境を捉えた作品を中心に展示する予定です。「東ノ空」は、東日本大震災後、亡くなった方への鎮魂を願うと同時に、被災地の復活を祈りながら、彼が毎朝自宅の屋上から撮り続けている最新作です。これから新しい時を刻む東ノ空は、静かに生命の力が湧いてくる、まさに再生・復活のシンボルといえるでしょう。一方の「PARADISE」は、一見暗闇の中に色鮮やかな花が咲き誇っているかのようですが、実は、朽ちかけた花と人形を写した生と死の物語です。「花は死の一歩手前が最も官能的」と語る荒木が、移ろいゆく花の姿を人の生命にたとえ、はかなさゆえの愛しさや、かけがえのなさを捉えた作品です。また、本展のためにこの夏撮り下ろした「銀座」もご覧いただけます。
「死」を意識し往生の準備を始めた荒木が、人生を振り返りながら豊田、新潟と旅を続け、資生堂ギャラリーから「再生」という新たな旅に出かけようとしています。荒木の旅立ちにご期待ください。

■ 荒木経惟(あらきのぶよし)略歴
1940年東京都台東区生まれ。1963年千葉大学工学部写真印刷工学科卒業、同年カメラマンとして電通に入社。1964年に下町の子ども達を撮った『さっちん』で第1回太陽賞受賞。その後フリーとしてエネルギッシュな活動を続けている。また、近年は美術館での展覧会が相次ぎ、海外でも高い評価を受けている。

主な受賞歴
1994年日本文化デザイン大賞、1999年織部賞。2008年オーストリア科学・芸術勲章を受章しオーストリア科学・芸術アカデミーの生涯会員となる。2011年第6回安吾賞、2013年「荒木経惟写真集展 アラーキー」で毎日芸術賞特別賞

■ 関連企画
1.対談:荒木経惟×藤野可織(作家)
ファシリテーター:名久井直子(ブックデザイナー) 音楽:青葉市子(音楽家)

日時:2014年12月6日(土)14:00-16:00
会場:資生堂花椿ホール(資生堂銀座ビル3階)
定員:200名(お申し込み多数の場合は抽選となります)
参加費無料

※本企画は資生堂ギャラリーとBinoBa*による共同プログラムになります
※お申込みは、BinoBaウェブサイトからお申込みください。
http://www.shiseidogroup.jp/binoba/?rt_pr=tr208 (BinoBa)
*BinoBaとは
「資生堂花椿ホール」において、コーポレートスローガンである「一瞬も 一生も 美しく」をテーマに、
お客さまにさまざまな「美」を発信するトークプログラム

お問い合わせ:資生堂ギャラリー tel. 03-3572-3901 fax. 03-3572-3951

2.荒木経惟『花椿』ポートレイト+ペインティング
『花椿』で連載中の、穂村弘の対談「Talk」にご出演いただいたゲストを、荒木経惟が撮影した作品展を開催します。写真に施した荒木のペインティングを直にご覧いただけます。
会期:2014年10月7日(火)~12月26日(金)
会場:資生堂銀座ビル2階
月曜日~金曜日 9:00~19:00 (土・日・祝日は休み)
入場無料
※10月22日(水)~10月24日(金)、11月10日(月)~11月12日(水)はイベントの都合上、展示しておりませんので予めご了承ください。

■ 荒木経惟 往生写集―東ノ空・PARADISE開催要項
主催:株式会社 資生堂
協力:一色事務所/株式会社写真弘社
会期:2014年10月22日(水)~12月25日(木)
会場:資生堂ギャラリー
〒104-0061 東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
tel. 03-3572-3901 fax. 03-3572-3951
http://www.shiseidogroup.jp/gallery/?rt_pr=tr208 (資生堂ギャラリー)
平日 11:00~19:00 日・祝 11:00~18:00
毎週月曜休 (月曜日が休日にあたる場合も休館) 入場無料

■作品写真

▼資生堂ギャラリー
http://www.shiseidogroup.jp/gallery/?rt_pr=tr208

▼資生堂グループ企業情報サイト
http://www.shiseidogroup.jp/?rt_pr=tr208

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る