「昆虫食は拡大していくのか!?」

とある食品の自給率が日本はあるとか無いとか、とにかくこういった論争は終わりの無いトンネルのように、日々専門家達によって繰り返されています。

しかし、結果的に世界的に人口が増加している事や、環境汚染など様々な問題で様々な食品がいつか枯渇する恐れがある事は間違いなさそうです。

そんな時、栄養もあり更には美味しいという事で注目されているのが、昆虫だそうです。

 

普段、我々の中では悪者として認識されている昆虫の類いなのですが、これを食べる事で今後新たな世界が広がって行く、という研究が進められているようです。

実際、昆虫を食べるなんて…と、生理的拒否反応を示してしまう方は多いと思います。

まぁ、文化によっては日本人が想像もつかないようなものを食べている国もありますし、それはそれぞれ馴れや歴史の問題だとは思います。

 

とはいえ、やはり昆虫を食べているという事が、カルビや焼き鳥、新鮮な魚介類を食べている時の快感のそれと同じように感じる事は無いでしょう。

しかし、将来の事を考えると、やっぱり昆虫を食べる事に馴れて行かないとなりませんし…。

どうする?的な事になってしまっていますが、実は昆虫料理を抵抗無く食べられるようにするプロダクトデザインが今研究されているようです。

 

とある工場で働く、ブーイ・ジャーマー・アーダルステンソン氏という方が開発したミートパテなのですが、この中には小麦粉と卵、タマネギ、塩、スパイス、牛乳、そしてアメリカミズアブが入っているとの事です。

アメリカミズアブは、どうもトイレの周囲によく発生した事からも、便所バエと呼ばれていたらしく、全く食べるなどという発想の真逆にいるような、そんな昆虫です。 

そして、このアメリカミズアブの幼虫の肉が、凄まじい脂肪やタンパク質、栄養を含んでいるようです。

同氏が語るには、昆虫というのは、どんな餌を与えようが、栄養価の高い肉を作ってしまうようなのです。

さらに、アメリカミズアブの排泄物もこれまた優秀で、「養分に富んだ土」を造り出すようです。

 

結果的に、ハーブ類なども育てられ一石二鳥。

素晴らしい食品の好循環が生まれている、ということだそうです。

今、昆虫食がどれだけ世界の飢餓を救うのか、という事でも大注目されるようで、アーダルステンソン氏もこの情報をキッカケに研究を始めたのだとか。

とある報告書によると“昆虫は少なくとも20億人の人々にとって伝統的な食料。

そして、世界中で1,900種以上の昆虫が食用として消費されている”という結果が出ています。

 

牛などはその全体の40%しか食用肉を摂取できないが、コオロギなら80%。他の動物に比べても、飼料の数が桁違いに低くて済むのでかなり効率的なのだそうですよ。

 

今のところ、アーダルステンソン氏がつくる昆虫食を食べたいと思う方はいないようですが、研究機関や食品産業関係者達からは熱いエールが送られてくるようです。

様々な昆虫で研究を始める際、まずアーダルステンソン氏がアメリカミズアブを選んだ理由も、生態系の多様性もあまりなく採取しやすいことだったようです。

有機物を食べ安定供給されている事は、まぁ凄く効率的ですよね。

 

まだまだ、昆虫と食文化が完全に結びつく事は難しいと思われますが、アメリカミズアブが抵抗なく商品として出回り、案外安く、さらには美味しく栄養価も高いとなれば拡大してくのではないでしょうか。

素晴らしい研究ですが、まぁ個人的には料理人達が大変そうだと思ってしまいます。

 

今まで、厨房に現れたら駆除していたものが、今度食品としてテーブルに出される訳ですからね。

あと10年後、20年後かは分かりませんが、食生活の多様化に、昆虫食も当たり前のように含まれているかもしれません。

今後、興味深い研究のひとつですね。

 

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る