2014/11/22~11/24 東京・天王洲の倉庫街で アミューズミュージアムがプロデュース協力する最先端アートフェスティバル 「TodaysArt.jp」が開催!

総合エンターテインメント事業を展開する株式会社アミューズの子会社、株式会社アミューズエデュテインメントがプロデュース協力を行うアートフェスティバル「Todays Art.jp」が2014年11月22日(土)~11月24日(月・祝)に東京都品川区の天王洲アイルの倉庫街(寺田倉庫株式会社関連施設)にて開催されます。

 

株式会社アミューズエデュテインメントは東京・浅草で複合型アート施設アミューズミュージアムを運営すると同時に、アート・エンタテインメントの制作ノウハウを活用した地域活性化事業にも取り組んでいますが、天王洲地域においては寺田倉庫株式会社と、同社が進める「倉庫空間を活用したアート・エンタテインメントによる天王洲地域活性化事業」のアドバイザリー契約を結んでおり、今回はその地域活性化事業の一環として、オランダを本拠地とするメディアアートやデジタル音楽を中心とする最先端アートフェスティバルTodays Artの日本版開催のプロデュースに協力しています。

Todays Artは毎年9月にオランダ・ハーグで開催されて今年で10年目。

世界25カ国から300名以上のヴィジュアルアート・パフォーミングアーツ・デザイン・建築・先端技術などのアーティストが参加している、メディアアートやデジタル音楽の分野では世界最大級のアートフェスティバルのひとつです。

今回はオランダ、米国、ベルギー、ロシア、日本などから選りすぐられた計10組のアーティストが参加し、3日間にわたってライブパフォーマンス、作品展示、ワークショップ、トークセッションを行います。

今後も㈱アミューズエデュテインメントでは、世界中から多くの観光客が集まる浅草の地で日本の文化を発信するアミューズミュージアムでの事業は勿論、様々な文化施設と連携した美術展やアートフェスのプロデュースを通じて、皆様に喜んで頂けるエデュテインメント(エデュケイション&エンターテインメント)コンテンツをお届けしてまいります。

 

 

【Todays Art.jp 概要】

イベント名:Todays Art.jp 2014 Edition Zero
会期:2014年11月22日(土)-11月24日(月・祝)計3日間
会場:天王州アイル 寺田倉庫関連施設(〒140-0002東京都品川区東品川2丁目1,5,6)
開催時間:作品展示各日13:00-19:00/ライブパフォーマンス(22日のみ)17:30開場 18:30開演 22:00終演予定
入場料金:無料(ライブパフォーマンスは要事前予約)
主催:TodaysArt.jp 2014 Edition Zero 実行委員会
共催:寺田倉庫株式会社
後援:オランダ王国大使館・アメリカ大使館・ (公財)日本財団・ Creative Industories Fund NL 文化庁メディア芸術祭(協賛事業)
プロデュース協力: アミューズミュージアム
技術協力: 株式会社プリズム・パナソニック株式会社・株式会社三平商会
協力:株式会社ジェイティビー

sub1

 

 

【開催内容】

プレビュー
11月21日(金)18:30~20:30 報道陣・関係者向け展示作品内覧  於:寺田倉庫ハーバーワン

インスタレーション作品展示(1)
11月22日(土)~24日(月・祝)各日13:00~19:00 於:寺田倉庫ハーバーワン
作家名Gabey Tjon a Tham(オランダ) 作品名Repetition at my Distance
暗室の中で発光する16本のエレクトロルミネッセンスケーブルがモーターで回転。その残像が光の彫刻となる。
作家名Mattijs Munnick(オランダ) 作品名Lightscape Ⅶ
純白の部屋に据えられた巨大なライトボックス。ストロボの視覚効果とサウンドが一体となり鑑賞者を特別な体験に導く。
作家名Anouk De Clercq(ベルギー),Lernert & Sander(オランダ),etc.作品名 TodaysArt.nl Selections 2014
本国オランダTodaysArtのキュレーションによる過去のTodaysArt参画アーティストの映像作品を一挙上映。

インスタレーション作品展示(2)
11月22日(土)~24日(月・祝) 各日終日(24日は19時まで) 於:天王洲ボンドストリート
作家名:Teun Verkerk + Joris Hoogeboom(オランダ)  作品名:BUQS
「テクノロジー生命体」をコンセプトにした光と音を発する作品をストリートに散りばめた音と光のインスタレーション。

ワークショップ・トークセッション
11月22日(土)14:00~17:00 於:天王洲ボンドストリート アーティスト:Skeletonics(日本)
人の動作を1.5倍に拡大する外骨格型スーツを着用したパフォーマンスとレクチャー。
11月23日(日) 14:00~16:00 於:寺田倉庫ハーバーワン アーティスト:Jon Dixon & De’Sean Jones(米国)
世界第一線で活躍するサックス奏者とキーボード奏者による、テクノとジャズの融合音楽の演奏とレッスン
11月23日(日) 16:00~18:00 於:寺田倉庫ハーバーワン アーティスト:Cornelius Harris(米国)
デトロイトテクノの代表的グループ、アンダーグラウンド・レジスタンスの音楽プロデューサーが語るプロデュース術
11月24日(月・祝)14:00~17:00 於:寺田倉庫テラトリア アーティスト:大友良英(日本) ほか
ダンス規制からこれからの日本カルチャーまで、大友氏と各界最前線で活躍するパネリストを交えたトークセッション。

ライブパフォーマンス
11月22日(土)17:30開場 18:30開演 22:00終演予定 於:寺田倉庫 G1号 5F特設会場
Canto Ostinato Audio Visual(オランダ)
20世紀オランダの作曲家、シメオン・テン・ホルトが遺したミニマリズムの名曲「カントオスティナート」をハープと電子音響と映像を用いて即興演奏で現代に再現するトリオ。
Underground Resistance/TIMELINE(米国)
デトロイトテクノの代表的グループ、アンダーグラウンド・レジスタンスが、エレクトロサウンドをベースにサックスとピアノをフロントマンに立てた編成でハイテックジャズサウンドのパフォーマンスを行う。

※イベント内容は変更になる場合がございますのでご了承下さい。

 

【問い合わせ先】

TodaysArt.jp Tel:03-5456-3233(実行委員会 株式会社 豊靖社内) 公式サイト:http://www.todaysart.jp/

 

【アミューズ ミュージアム概要】

アミューズ ミュージアム (東京都台東区浅草 2-34-3 浅草寺東側「二天門」に隣接)は、2009 年11 月 1 日、東京・浅草にオープンした「布文化と浮世絵の美術館」、「和のセレクトショップ」、「イベントホール」、「アーティスト イン レジデンス」が一体となった複合型アート施設。

「布文化と浮世絵の美術館」では、民俗学者・田中忠三郎氏が収集保存した約3万点の民俗資料(重要有形民俗文化財「津軽・南部の刺し子着」786点含む)を運用。舞台美術や舞台照明のノウハウを活かしたエンタテインメント的な手法で約1500点を公開展示。

また、世界で最も美しいと言われるボストン美術館収蔵の浮世絵「スポルディング・コレクション」のデジタルデータを用いた映像シアターや、デジタルプリントも多数展示する。

イベントホールでは、浮世絵の講演、三味線や伝統芸能のライブなど年間約200のイベント・講座・ワークショップを開催。浅草寺参道に面した1階では、全国の伝統工芸士の作品を集めた「和のセレクトショップ」を展開している。

一 般 問 合 せ先: TEL 03-5806-1181、ホームページ http://www.amusemuseum.com

 

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る