「NYの学生が開発!どこでも寝られる進化系寝袋がアツい!?」

こんな時ありませんか。

勿論、仕事のみならず勉強中なども同様であり、眠くて眠くて仕方ない日々を過ごしている人も多いと思います。

そんな睡眠が足りなさそうな勤勉日本人にピッタリのアイテムを、なんとニューヨークの学生が開発した事で話題となっています。

 

そのアイテムなのですが、題して「Nutshell」。

名前だけを聞くとハッキリとは分からない部分もあると思うのですが、一先ずその場で人目を気にせず快眠に落ちる事ができる、画期的なアイテムだというのです。

実際、手にした訳では無いので、その使い心地は分かりませんが、画像を見る限り…どうも、みの虫のように上半身を包み込める構造となっているようです。

 

何か、使い方も複雑そうだなぁ、と思う方もいると思いますが、ただただパーカのように頭から被せて行くだけです。

首に巻くことでフードのようになり、そこから前方に引っぱって覆う。

これで、光も遮断できますし、ヤバい寝顔を見せる事なく、睡眠に集中することができるって算段ですね。

いや、まさに何を考えているのか…。

ユニーク過ぎる発想と商品開発力に頭が下がります。

 

とはいえ、何故こんなユニークな事を思いついたのかというと、どうもこの大学生が友人とスローフードについて話している時だったようです。

とにかく現代人は毎日のように忙し過ぎる生活を送っています。

まぁ、そういった状況を否定しているカタチでスローフードやスローライフという生き方が流行していますよね。

 

朝、昼、晩と正しい食事をし、あくせずしながら仕事などをこなすのではなく、余裕を持った人間らしい生き方を目的とするアレです。

そんなスローフードを彼なりに、新たな解釈として完成させたのが、「Nutshell」だったそうです。

確かに、スローライフというと、食事の事から考えてしまうのが一般的です。

さらには、就業時間であったり休日の過ごし方などなど、案外睡眠については深く考えられていません。

 

睡眠時間をしっかりとれる時間の使い方や、さらには快眠を誘う質の良いベッド周りのアイテムを揃える事。

この程度が、スローライフ的睡眠の考え方といったところでしょうか。

そこを、常にどこでも睡眠が出来るという切り口で切り取った発想は、案外見事なのではないでしょうか。

ゆったりと食事をする時間をとる事を目的としているスローフードも、ある意味では忙し過ぎる現代人や研究する学生にとっては夢物語。

 

で、あれば食事を短縮してその分睡眠にまわせないのか?という、部分だったのです。

仮眠を摂ることで効率も上がりますし、リラックス効果も高く精神的にも相当大きな良い影響を与えるはずです。

実際、この「Nutshell」なのですが、忙しい人が、そういった会社や学校などのシーンだけで使う必要も無いような気もします。

 

まぁ、異様な見た目ですし、日本のオフィスで使えばオカシイあだ名を付けられる可能性もありです。

そういった事で、漫画喫茶やちょっとしたカプセルホテル、温泉浴場の休憩室など、そもそも休む事を目的とする可能性がある場所で使うと相乗効果があるのではないでしょうか。

 

落ち着いた空間で、よりリラックスすることが出来れば、睡眠の質がグンっと、一段階上がるような気もするのです。

「Nutshell」が、国内で手に入れる事ができるかどうかは、ちょっとまだ分かりませんが、我々の生活にちょっとした変化をもたらしてくれそうな、そんな期待感はありますね。

是非、みなさんも、ネットなどで見掛けたら購入を考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、手にした訳では無いので、その使い心地は分かりませんが、画像を見る限り…どうも、みの虫のように上半身を包み込める構造となっているようです。

 

 

何か、使い方も複雑そうだなぁ、と思う方もいると思いますが、ただただパーカのように頭から被せて行くだけです。首に巻くことでフードのようになり、そこから前方に引っぱって覆う。これで、光も遮断できますし、ヤバい寝顔を見せる事なく、睡眠に集中することができるって算段ですね。いや、まさに何を考えているのか…。ユニーク過ぎる発想と商品開発力に頭が下がります。

 

とはいえ、何故こんなユニークな事を思いついたのかというと、どうもこの大学生が友人とスローフードについて話している時だったようです。とにかく現代人は毎日のように忙し過ぎる生活を送っています。まぁ、そういった状況を否定しているカタチでスローフードやスローライフという生き方が流行していますよね。

 

朝、昼、晩と正しい食事をし、あくせずしながら仕事などをこなすのではなく、余裕を持った人間らしい生き方を目的とするアレです。そんなスローフードを彼なりに、新たな解釈として完成させたのが、「Nutshell」だったそうです。確かに、スローライフというと、食事の事から考えてしまうのが一般的です。さらには、就業時間であったり休日の過ごし方などなど、案外睡眠については深く考えられていません。

 

睡眠時間をしっかりとれる時間の使い方や、さらには快眠を誘う質の良いベッド周りのアイテムを揃える事。この程度が、スローライフ的睡眠の考え方といったところでしょうか。そこを、常にどこでも睡眠が出来るという切り口で切り取った発想は、案外見事なのではないでしょうか。ゆったりと食事をする時間をとる事を目的としているスローフードも、ある意味では忙し過ぎる現代人や研究する学生にとっては夢物語。

 

で、あれば食事を短縮してその分睡眠にまわせないのか?という、部分だったのです。仮眠を摂ることで効率も上がりますし、リラックス効果も高く精神的にも相当大きな良い影響を与えるはずです。実際、この「Nutshell」なのですが、忙しい人が、そういった会社や学校などのシーンだけで使う必要も無いような気もします。

 

まぁ、異様な見た目ですし、日本のオフィスで使えばオカシイあだ名を付けられる可能性もありです。そういった事で、漫画喫茶やちょっとしたカプセルホテル、温泉浴場の休憩室など、そもそも休む事を目的とする可能性がある場所で使うと相乗効果があるのではないでしょうか。

 

落ち着いた空間で、よりリラックスすることが出来れば、睡眠の質がグンっと、一段階上がるような気もするのです。「Nutshell」が、国内で手に入れる事ができるかどうかは、ちょっとまだ分かりませんが、我々の生活にちょっとした変化をもたらしてくれそうな、そんな期待感はありますね。是非、みなさんも、ネットなどで見掛けたら購入を考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る