「アートとしての音楽を実現!最高のコンピ「The Art of Listening Vol.1」がアツい」

WIREDという雑誌は、日本で発行されている雑誌の中では、取り分けレベルが高い雑誌という事を個人的には思っています。

まぁ、人それぞれ意見はあるので、別に押し付けることはしませんが、実は、ちょっとだけ面白い取組みをしていたので、紹介しようと思っています。

 

それが、どうもWIREDが監修した初の音楽プロダクトアルバムが発売している、という事なのです。

雑誌が音楽アルバムを出すことに関しては、これといって珍しい事でも無いのですが、気になるのが音楽プロダクト。

一体何がどう違ってくるのか、これをちょっと探りたいと思います。

 

今回、コラボレーションを果たしたのがBEAT RECORDS。

中に詰め込まれている楽曲は、まさにジャンルレスというか、まぁエレクトロニカを中心に、現代的で実験的なサウンドが集まっている、という事です。

 

そこは、まぁ予想を裏切らない選曲なのではないでしょうか。

とはいえ、ジャンルにこだわることは無く、とにかくコンテキストを越えていった、音楽の新たな未来というか、聞き方を提言してくれているので、近頃の音楽に飽き飽きしてきた…という、そんな人にはとても刺激的な1枚になるかもしれませんね。

 

The Art of Listening Vol.1と名付けられたこのアルバム。

マストバイなのは言うまでも無いのですが、取り敢えずどういったものなのか、もうちょっと説明させてください。

Oneohtrix Point Neverの初のCD化音源が収録されている、ということで、コチラも大注目でしょう。

 

Laurel Halo, Oneohtrix Point Never, Nico Muhly, Claude Speeedと、まぁパッと聞いただけでは、分からない人ばかりですが、一度聞いたら、そのレベルの高さに度肝を抜かされる、そんな人選です。

とにかく、このアルバム自体、あの天才というか音の芸術家?Oneohtrix Point Neverの彫刻のように音楽もそこに自律する、という発言がキッカケとなっているそうです。

新たな世界観をダブの世界に切り開いた、そんなOneohtrix Point Neverが発するもの音と世界観。

 

これこそが、とにかくこのアルバムの根幹を担っているという事ですね。

となると、やはり選曲自体、彫刻としての音楽となっているのか否か。

ここも、リスナーの聴力に委ねられる部分です。

全体的に、かなり難しい音楽ではあるような、そんな気がします。

 

様々な音楽を知り尽くし、そして聞き飽きた…というのは、あれですが、現代美術としての現代音楽。

こういったスタンスで聞くと、とても馴染みやすい音楽群ではあります。

とにかく、普通のコンピレーションアルバムとしてではなく、ひとつの作品として、しっかりと聞き込んでもらうと、久々にアートって良いなぁと、感じれるはずです。

 

この、CDが全く売れないという世の中で、配信という手法では無く、CD自体をアートにして発売させるというアプローチは、本当に素晴らしいとは思いませんか?

 

日本だけでは、どうもCDは売れているようですが、その背景も手伝って、少しはセールスも上がれば嬉しいですね。

って、販売側で無いのでそういった事を心配する必要は無いのですが…。

是非、この「The Art of Listening Vol.1」。

手に取って、耳から目から、そして体から何かを感じ取ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る