「六本木アートナイト2015」 開催テーマ決定!『ハルはアケボノ ひかルつながルさんかすル』

 2015 年4 月25 日(土)~26 日(日)に開催する一夜限りのアートの祭典「六本木アートナイト2015」。
六本木アートナイト実行委員会は、2013 年、2014 年に続きアーティスティックディレクターを務める日比野克
彦氏、新設されたメディアアートディレクターを務める株式会社ライゾマティクス代表取締役の齋藤精一氏と共に、
「六本木アートナイト2015」の開催テーマを『ハルはアケボノ ひかルつながルさんかすル』に決定いたしまし
た。

 

2009 年に始まり、今回で6 回目※を迎える「六本木アートナイト」。

メディアアートに光を当てた「六本木アートナイト2015」では、変わりゆく時代の変わらないものごとに着眼
して開催テーマを設定いたしました。
いにしえの時代から世界は驚くべき進化を遂げ、人間の生活も一変したように思えます。しかし時代が変
わった今日でも、身の回りの環境と対話をするなかで人としての感性を育み、人との関係が生まれ、そして
人々が生活する街が形成されています。今回の六本木アートナイトでは、 『ハルはアケボノ ひかルつなが
ルさんかすル』を、時代を超えた「人とメディア」のシンボルフレーズとして、また、街とメディアアートの関係性のキャッチフレーズとして発信していきます。
※2011 年は東日本大震災により中止

日比野氏と齋藤氏がタッグを組むことで「六本木アートナイト」にどのような化学反応が起きるのか、 ぜひ、

ご期待ください。

メインプログラムは“光る大型アートトラック”をフィーチャー!

今回のテーマを象徴するメインプログラムとして、齋藤精一氏主導の大型企画を計画中です。六本木ヒルズと東京ミッドタウンにLED を実装した光る大型トラックが現れ、観客がスマートフォンで参加するインタラクティブな要素も盛り込んだ様々なイベントを展開していく予定です。

 

「六本木アートナイト2015」は、このほかにも『ハルはアケボノ ひかルつながルさんかすル』をテーマに、

六本木エリアを横断的に展開するインスタレーションやパフォーマンスなどを多数実施していきます。加えて、
六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、 21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館など
の会場でも作品展示やスペシャルイベントの開催を予定しています。
さらに今年は、様々な団体等に企画を持ち込んでいただく連携プログラムも充実させていく予定です。
また、交通アクセスについても例年同様、2015 年4 月25 日(土)夜から26 日(日)早朝にかけて都内主要
ターミナル駅と六本木を結ぶ無料シャトルバスの運行や六本木ヒルズおよび東京ミッドタウンでの駐車場無
料サービスなどを実施する予定です。

詳細情報を盛り込んだ次回リリースは2 月下旬に配信予定です。

【アーティスティックディレクター 日比野克彦 プロフィール】
1958 年岐阜市生まれ。東京藝術大学大学院修了。1986 年シドニー・ビエンナーレ、1995 年ヴェネチア・ビエンナーレに出品。領域横断的、時代を映す作風で注目される。2003 年、越後妻有アートトリエンナーレで[明後日新聞社文化事業部]を設立、明後日朝顔プロジェクトの活動を開始。2005 年水戸芸術館[HIBINO EXPO]、2007 年金沢21 世紀美術館[「ホーム→アンド←アウェー」方式]、 熊本市現代美術館[HIGO BY HIBINO]など個展を開催。2007 年より「種は船」を金沢・横浜・鹿児島・種子島などで造船。2010 年より3 ヶ月かけて制作した自走式の船で2012 年「種は船航海プロジェクト~from 舞鶴」で3 ヶ月間航海を実施。国内各地で地域の人々と共同制作を行いながら、受取り手の感受する力に焦点を当てたアートプロジェクトを展開し、社会で芸術が機能する仕組みを創出する。また、2010 年よりサッカーW 杯にむけ、スタジアムでスポーツとアートの交流をはかる「MATCH FLAG PROJECT」を開始。瀬戸内国際芸術祭2013 において、海の底の時間に焦点をあてた「瀬戸内海底探査船美術館プロジェクト『一昨日丸』」を実施。現在、東京藝術大学教授、日本サッカー協会理事を務める。

【メディアアートディレクター 齋藤精一 プロフィール】
1975 年神奈川県生まれ。建築デザインをコロンビア大学建築学科(MSAAD)で学び、2000 年からNY で活動を開始。その後、ArnellGroup にてクリエイティブとして活動し、2003 年の越後妻有アートトリエンナーレでアーティストに選出されたのをきっかけに帰国。その後、フリーランスのクリエイティブとして活躍後、2006 年にライゾマティクスを設立。建築で培ったロジカルな思考を基に、アート・コマーシャルの領域で立体・インタラクティブの作品を多数作り続けている。2009 年-2014 年国内外の広告賞にて多数受賞。現在、株式会社ライゾマティクス代表取締役、東京理科大学理工学部建築学科非常勤講師。2013 年D&AD Digital Design 部門審査員、2014 年カンヌ国際広告賞Branded Content and Entertainment 部門審査員。

【六本木アートナイト2015 開催概要】
■正式名称: 六本木アートナイト2015

■基本理念: 「六本木アートナイト」は六本木の街を舞台にした一夜限りのアートの饗宴です。様々な商業施設
や文化施設が集積する六本木の街に、アート作品のみならず、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどを含む多様な作品を点在させて、非日常的な体験をつくり出します。そして、生活の中でアートを楽しむという新しいライフスタイルを提案します。また、アートと街が一体化することによって、六本木の文化的なイメージを向上させ、東京という大都市における街づくりの先駆的なモデルを創出します。東京を代表するアートの祭典として、さらなる発展を続けます。
■ 日時: 2015(平成27)年4 月25 日(土)10:00~4 月26 日(日)18:00
<コアタイム> 4 月25 日(土)18:22【日没】 ~ 4 月26 日(日)4:56【日の出】
※コアタイムはメインとなるインスタレーションやイベントが集積する時間帯です。
■開催場所: 六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、 21_21 DESIGN SIGHT、
国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
■ 入場料: 無料 (但し、一部のプログラムおよび美術館企画展は有料)
■ 主催: 東京都、アーツカウンシル東京・東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、
六本木アートナイト実行委員会 【国立新美術館、サントリー美術館、東京ミッドタウン、
21_21 DESIGN SIGHT、森美術館、森ビル、六本木商店街振興組合(五十音順)】
■ 公式サイト: http://www.roppongiartnight.com
■一般問い合わせ先: 03-5777-8600(ハローダイヤル) 営業時間: 年中無休 8:00~22:00

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る