「ジャンルで分かる?音楽と人の性格」

音楽が好きで仕方なく、出来るだけクールで頭の良さそうな音楽を聞き入りたい、と思っている音楽インテリな方は、多いはずです。

それは別に悪い訳ではなく、創造性であったり、大量に消費される音楽への嫌悪感が、素晴らしい音楽文化を築きあげていく、大切な要因となります。

 

しかし、そんな音楽好きな方が侵してしまいがちなのが、相手の音楽趣味を聞いて、人を判断してしまうことです。

ここでは、具体例は挙げませんが、当然、本当にヒップホップが好きでレコードを買いあさっていたりしている人と、アイドル好きで、そういった音楽以外は興味の無い人。

 

性格というか、生き方も当然違ってきます。

まぁ、どちらがダサイとか格好良いとか、そういった判断は個人に任せますが、同じ感覚を持ってる、とは確かに考えづらいところです。

真木蔵人の有名な言葉に「オレ、小学校1年かなオヤジに買ってもらった。

最初にGetするおもちゃがSkateBoadかPlayStationで大分違うぜその先のLife」というのがありますが、まぁ、面白くも取れますが、音楽の影響に関しても、大分人生は変わりますよね。

 

そういった意味では、音楽好きの方は、やはりデザイン系やファッション系、クリエティブ全般の仕事に就かれている人は多いです。

好きなだけでなく、それを仕事にも活かしたい、という、創造性を磨き挙げる、そんなアプローチのひとつとして音楽を聞いているのでしょう。

 

さて、そんな音楽においての性格判断なのですが、実際に聞く音楽というか、ジャンルで性格がざっくりと判断できるようです。

例えば、ノイズ。

ノイズミュージックを聞く方は、恐らく限られており、ある種音楽とうよりは“音”というイメージが強いですが、あれにはレベル的に、創造性をアップさせたりする作用があるようです。

 

アンビエントノイズと言われる、まぁカフェくらいの五月蝿さ。

これくらいが、気分を盛り上げ作業を効率化してくれるようです。

無音より、ちょっとしたざわつきがあった方が良いのでしょう。

 

まぁ、このぐらい、音楽がもたらす、対、人への影響力はあるという事です。

ちなみに、聞く音楽で大きく性格が変化するのは、まだ若い人たちに限るようです。

大人になれば、分け隔てなく音楽を聞きますし、音楽だけのために生きる人は限られますからね。

 

好きでも無いけど、癒されるからアンビエントを聞いています、的な感じでしょうか。

一応、とある記事で、好きなジャンルとその性格分析が記載されていたので、ざっくりとまとめてみましょう。

 

まず、ブルースやジャズ好きな方というのは、自己評価が高く、クリエイティブなのだそうです。

親しみやすさも持ち合わせているとか。

クラシック好きの方は、内向的ですが、自己評価は高くクリエイティブだとか。

 

ラップ好きは、とにかく外交的で自己評価も高いようですね。

これ、ちょっと分かりますね。

レゲエが好きな方は、自己評価は高いようですが、努力嫌いなんだそうです。

まぁ、楽天的ですしね。

 

ちょっと気になるのが、インディーミュージック好きの方ですが、どうも自己評価も低く努力家でもないようです。

しかし、クリエイティブであり、穏やかという訳でも無いのです。

取扱いが難しですね。

 

これは、ロックやヘビメタ好きも同様だそうです。ヒット曲が好きな方は、自己評価は高く努力家。

 

しかし、クリエティビティな感覚は無く、親しみにくいのだとか。

まぁ、これも一般論ですし、実際のところは、人それぞれですが、何となく当たっているような気もします。

とはいえ、今後誰かに好きな音楽ジャンルを聞いて、努力家ではないね…と、ネガティブな言葉をかけるのは止めましょう。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る