布ぞうりを編む会。

Tokyo Wardrobe編集部『布ぞうりを編む会』

8月某日、編集部で突如として始まった『布ぞうりを編む会』
Tokyo Wardrobeの『布ぞうりマイスター』こと編集部スタッフ・みっちー。
彼女が履いている『布ぞうり』をみんなで作ろうという事で始まりました。
猛暑日の記録を更新し続ける中、ハワイアンミュージックをBGMにフローリングの床に座り『布ぞうり』を編む。そんなTokyo Wardrobe的避暑法をご紹介します。

材料は、好きな布とPPロープととてもシンプル。
布を5cm幅にカットし、鼻緒の部品の下準備を終えたらあとはひたすら編んでいきます。

こちらは編集長。編み方が豪快!
大きなサイズのぞうりは編むのも少し大変。ぞうりの幅を調整しながら編んでます。
編集長は、紺×赤ボーダーのTシャツ生地をチョイス。

足にPPロープを引っかけながら編むので、足袋ソックスがあると便利です。スタッフ・メグはブラウンのTシャツ生地をチョイス。なぜか見るたびにポーズがクルクル変わってます。

時にはこんなポーズに…本人いわく『すごい楽!!』らしいのですが…

編みはじめは少し難しいですが、基本は縦糸に横糸を上下に通すだけ。
ペースに乗ってくると、ひたすら黙々と編み続けてしまいます。

 

途中まで編んだら鼻緒を一緒に編み込みます。
履きながら位置を確認。
鼻緒の付け方はかなり重要ポイントです。

最後に編み終わりの始末。ドライバーで編み目にねじ込んでいきます。
タオル地の布をチョイスしたので、床にタオル屑を散乱しつつなんとか完成。

完成!初めてでも半日もあれば1足編めてしまいます。
『布ぞうり』は着古したTシャツや、使い古したバスタオルなんかでも作れるので地球にも優しいのです。
汚れたらガシガシ洗えちゃいます。
さっそく作ったものを履いてみましたが、履き心地は最高でした。
これからはスリッパではなく『布ぞうり』を愛用しようと思います。

はじめて編む布ぞうり―いちばんおしゃれ!いちばんわかりやすい!
編み方はこの本を参考にしました。
写真入りなので、初めて編む人にはとてもわかりやすい本です。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る