アジアの遺跡に見る時空を超えたアート

熱帯のジャングルの中に壮大な規模で拡がる構造美

~ カンボジア アンコール・ワット ~

人間は長い歴史の中で、世界各地に様々な特徴をもった造形を作り上げてきた。古代エジプトのピラミッドや、ナスカの地上絵、ギリシャやローマの神殿建築などには、人類が育んできた文明や文化に加え、研ぎ澄まされた美意識が反映されている。

私たち日本人が生活を営んでいるアジア地域にも、数多くの遺跡、遺産が点在している。インドシナ半島の中央部に位置するカンボジア、シェムリアップの郊外に建つアンコール・ワットはその代表格と言えるだろう。

サンスクリット語で、「アンコール」は王朝、「ワット」は寺院を意味する。アンコール・ワットは、9世紀から15世紀までの長い年月にわたって、東南アジアのエリアで広大な領土を支配したクメール王朝の寺院だ。王国最盛期の12世紀前半に、クメール王朝最強の王と賞賛されるスールヤヴァルマン2世によって、30年を超える歳月をかけて建造された。

日の出から日の入りまでの太陽の動きを元に測量された敷地は、東西南北の4方位を正確にとらえている。東西1500メートル、南北1300メートルに及ぶ広大な敷地の中に、真西に向かって寺院が建てられている。三層の回廊に、5つの祠堂が聳える巨大な建造物だ。中央に建つ中央祠堂を中心として、左右対称のシンメトリックな構造をもち、均整のとれた構造美を呈している。季節を分ける春分の日や秋分の日の朝には、中央祠堂の真後ろから太陽が昇る。夜の帳を静かに開ける早朝に、太陽の斜光が神々しい寺院のシルエットを浮かび上がらせるのだ。早朝や夕暮れの斜光、日中のトップライトなど、季節や時間によって角度や明るさを変える太陽の光が伽藍に降り注ぎ、瞬間ごとのパノラマを作り上げる。

堂々とした姿で威容を誇る巨大な建造物ではあるが、細部に目をやると、繊細な装飾やレリーフが鏤められている。第一回廊には、ヒンドゥー教世界で語り継がれる天地創造神話の「乳海攪拌」や、「天国と地獄」、古代インドの叙事詩『マハーバーラタ』、『ラーマーヤナ』の中の説話を題材とするレリーフが、細かな描写で刻まれ、回廊全体で大きな絵巻物が構成されている。第二回廊には、そろばんの玉を並べたような格子状の連子窓が外周を囲む壁に、女神「デヴァター」が様々な表情やしぐさで姿を現す。第三回廊の四隅には尖塔が聳え、その中央に最大の中央祠堂が大空に向かってアンコール・ワットの頂点を極めている。

第三回廊から下を眺めると、整然と立ち並ぶ伽藍越しに、熱帯ならではの濃い緑に覆われたジャングルが広がる。1860年代にロンドン科学協会からこの地に派遣されたアンリー・ムオによって発見されるまで、アンコール・ワットは人知れず密林の中に埋もれていたことが頷ける光景だ。今から900年も前に、熱帯の厳しい気候の中で生活を営みながら、壮大な建造物を作り上げた人間のエネルギーに圧倒される他ない。

アンコール・ワットは、絶大な権力をもった王朝の権威と威光を示すために建造された建築物ではあるが、細部には繊細な装飾が施されるばかりではなく、壮大な規模の建築物が太陽の光によって様々な光景を作り上げる、時間と空間を超越したアート作品と言うことができる。

大林 等

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る