「世界最小規模の美術館」

Some rights reserved by glans galore


「世界最小規模の美術館がオープン」こんな記事を雑誌で見つけました。

ニューヨークのトライベッカの裏側にある老朽化したエレベーターを改造して創った美術館で、その名も“Museum”!

外観はただの倉庫の扉…。ところが、黒塗りの入り口が開けば一転、そこは明るく清潔感に溢れた空間が広がっています。

しかし、展示されている品は「モーテルの備品を持去った際に描かされた罰金表」「海で拾った誰かのコレクション」「スペルの間違った食品表示ラベル」など、「おいおい…本気ですか?」と思わずにはいられないユニークなウィットに富んだ物ばかり。

人にとってはタダのゴミだったりするものがアートになってしまうのだから、さすがニューヨークです!

とはいえ、こんな面白いこと誰が始めたのかが気になるところ。

実は「Red Bucket Films」という3人の映像クリエーターが仕掛人。

2人は兄弟で1人は高校時代の頃からの友人だそうで、肝心の映画はカンヌにも出品する実力派。

別館を作る企画も進んでいるようで、彼らのオバカ振りもまだまだ止まりそうにありません!

ちなみにHPはhttp://mmuseumm.comでチェックできます。

中込 公一

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る