「日常こそファッション?」

どうも最近ファッションに疎くて…。

こんな声を近頃よく周囲の方から聞きます。確かに、近頃のファッション雑誌などには業界に従事している人間でなければ必要の無い情報なども含まれていますし、既に勉強せずとも自らスタイルを確立してしまっている方も多いのも理由でしょう。

では、どんな方法を試せば多くの人々がファッションの可能性に興味を持ってくれるのでしょうか。

そんな糸口を見つけたかもしれないのが、日本を代表するブランド「イッセイ・ミヤケ」です。

なんと、形状記憶されているシャツやストールなどにプリーツ加工を施し、収納時にクルクルっと巻けば、クロワッサンやチョコドーナッツになってしまうのです。

その形状、色合いもまさに本物!というクオリティで思わず笑ってしまいそうな秀作です。

「暮らしの中で生きてこそ、デザインの存在価値がある」

という三宅一生の考えを具現化したユニークな作品です。

インテリアとしても楽しく、もちろん普通に着こなすこともできるので一石二鳥です!いずれは食器棚やバスケットに全て収納できる時代がくるかもしれませんね。

どうでしょうか?こんな服が紹介されている雑誌なら見たくなりませんか?え?

「だから何?」は無しですよ!

中込 公一

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る