「定番の基礎」

冬になるとコートやニットの商品が多くお店に並ぶ様になり、店内も季節感ある空間になりますよね。

ダッフルコートやPコートに、トレンチコートなど毎年必ず出回るスタンダードなアイテムも充実しているでしょう。

さて、普段なにも考えずに当たり前のように着こなしているこのアイテムの数々なのですが、元々はファッション目的で作られた衣類ではありません。ダッフルコートなどは、元々北欧の漁師のために作られたものです。

Pコートは別名でパイロットコートとも言われますが、イギリスの海軍が艦船上の軍服としていましたし、トレンチコートも軍用の防水コートが起源となっています。となると、タウンに溢れる姿と当時の人達がみたらかなり違和感があるのではないでしょうか。

当然、仕様は変わっているとはいえ、中々面白いとは思いませんか?ちなみに、ニットなどの編み方の名称などは、ほとんどその地方伝統の技術で作られたので地名なんです。普段着こなす服であっても、様々な歴史があるようですね。

そんなことも考えてショッピングするのも新しい気分で楽しめそうです。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る