「日本酒新時代」

近頃、日本酒業界では蔵元自体が米作りをしているケースが増えています。

日本酒に限らず、大手メーカーなども自社で畑や土地を使って農家などと契約せずに一環して自らの手で商品を流通させるパターンが目に付きますね。

当然、余計な経路を踏む必要もありませんし、価格もその分抑えられるので消費者にとって見れば嬉しいところです。

特に日本酒の場合であれば、地域の農家と手を組んで日本酒に最適な米作りに挑戦し続ているので、地域の生産者のモチベーション向上にも繋がって行くでしょう。

今の時代、生活するために偽物でも売らなくてはイケナイという辛い生産者が多くいるはずです。

そんな中、他業種ながら一環した流れで生産者同士が手を組んで行なわれる、このような取り組みは日本の未来を明るくしてくれるような、知らせでもありますよね。

自分たちで基礎となる材料から手掛けることができるので、結果的に個性的な商品を作ることができ、非常にクリエイティビティな仕事ができます。

伝統的な仕事に若者が集ない今の時代。こういった伝統的な中の斬新な発想を取り入れることによって、廃業の危機に追い込まれている蔵元にも新しい風が吹き始めているそうです。

世界でも日本酒の素晴らしさが認められ始めてきている勢いに乗って、日本酒業界に新しい革命を起こして欲しいですよね。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る