「グリーンのイメージ」

グリーンが好き、と言う方は多いでしょう。

まず、色の中では中性色と呼ばれているグリーンは赤や青と合わせても、どちらかよりになり喧嘩しない、守備範囲の広い色として知られています。

そんなグリーンのイメージといえば、爽やかとか若い、自然などでしょうか。そのため、飲料系のデザインに多様に使われている印象があります。

もちろん、雑貨でも多く使用されてはいますが、何といっても食品に与えるグリーンのイメージというのは、本当に強いでしょうね。ミントやライムといった柑橘系の味わいを与えるのであれば、絶対にグリーンを使用してほしいでしょうし、スカッと爽やかなイメージもこの色になります。

中性色な分、アクセントとしての役割も見逃せません。バーガーのレタスに、刺身に添えられるシソなども有ると無いとで、印象が違います。ワンクッションを置くカラーとしても、本当に活躍が広いグリーン。是非、好きになってほしいカラーの一つです。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る