Where the little things are written Vol.1 by Kaori Nagamatsu

Where the little things are

世界中で親しまれている絵本「Where the wild things are」のかいじゅうたちのように、刺繍で命を吹き込まれた小さな動物たちが色んな場所で、また色んな姿になって楽しく遊んでいる姿を見て頂けたらと思いタイトルをつけました。
いつもと違ったKEORA KEORAの世界を綴っていきます。

心のこもった一枚の紙

さりげなくいいものを使う。そんな時、ほぼ自分だけが認識するようなものでも「ふふっ♪」となる感覚に幸せを感じます。そう、「お気に入り」を使うときのあの気持ち。
値段が高いということだけではなく、たとえばお風呂に入れるアロマオイルだったり、梱包のとき使うマスキングテープがイケてるデザイン、マグカップがマイケル・ジャクソンとか(!)、ティッシュ入れがかわいいものだったり。
便せんやメモ帳のペーパーグッズもその一つで、ハリーポッターの子供たちの写真の入ったメモ帳を使っているとちょっとしたメモをとるときに、ふと笑いが起きたりして。ハリーポッターは私のシュミが全面に出てるけれど笑、そんな感覚で刺繍作品も使ってもらえたらと思い、KEORAアニマルをさりげなく、けどなんだか幸せな気分になれるペーパーワークにしてみました。

制作は、フォトグラファーさんとテキスタイルデザイナーさんとどのように使ってほしいかの打ち合わせの後、ペーパーワークとしての作品の魅力が出るように写真の視点と実用的な視点で試行錯誤しながら撮影。写真のピックアップを行い、最後に文字のデザインを入れました。

2010年のカレンダー

このカレンダーは、「今日のお気に入りの子」がテーマ。
沢山のネコやワンコの中から今日の一匹を選んだり、お友達が来たときに興味を持ってもらえたら楽しいですね。
主役がネコやワンコのためカレンダーは控えめ。
年が終わったらカレンダー部分を切ってポスターにもなります。
遊び心とどこかホッとできる一枚。

メッセージカード

ネコが好きなかたへ、鳥が好きなかたへ、プレゼントのときにそっと添えて。本物のネコとの撮影も初の試み。
ロシアンブルーのメスのタマちゃんは、じゃれているのかと思えばわ!胸キュン♡なポーズをしてくれたり、
フォトグラファーさんはじめその場にいた私や飼い主さんも驚きの連続。
愛おしそうにキスしているような一枚。それってネックレスと同じポーズ?な写真。
オカメインコには、パリのミニチュア額と鏡。全体的な色のトーンはシンプルで女性らしい一枚。


 

後ろにはそれぞれシンプルなプリント入り。この一枚に、受け取った人の手が数秒止まってくれたら。
心のこもったメッセージが届きますように。
何気ないやりとりや生活の中でも、少しだけ気持ちが楽しかったり嬉しくなる、そんな“一枚の紙”を表現できていたら。

writen by Kaori Nagamatsu

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る