ビーター・バラカン氏が選んだ70年代の「ブルーノート」コンピ発売!~再評価高まるL.A.時代の演奏から選曲~

名門ジャズ・レーベル、「ブルーノート」。
2014年に創立75周年を迎えるこのレーベルは、モダン・ジャズが花開いた50年代と60年代、いわゆる1000番台と4000番台のアルバムが有名で、今でも若者からジャズマニアまで聞き継がれています。

実は、レーベルがニューヨークからL.A.に拠点を移した70年代のタイトル(通称BNLA)にも素晴らしい演奏が収められた作品が多く、最近再評価されており、このBNLAの名盤を限定枚数999円で販売する「ブルーノートBNLA999」http://www.emimusic.jp/jazz/bnla/vol5.htmはファンの間で大きな話題となっています。

そんな中、このBNLAの名曲を収録したCD『Go West, Man! ピーター・バラカン編』が発売されました。
このアルバムは、タイトルが示すように、ピーター・バラカン氏が選曲したコンピレーションCD。今も現役でラジオのDJとして活躍する氏が、リアルタイムで体験した70年代の楽曲が選曲された2枚組となっており、1枚目は当時のヒット・ソングのカヴァーを選曲、2枚目にはバラカン氏がBNLAの中から好きな演奏を気持ちよい流れで選曲しています。

先日亡くなったドナルド・バードの名演「ブラック・バード」や、マリーナ・ショウ、ルー・ドナルドソン、ホレス・シルヴァー、マッコイ・ターナーなど50年代・60年代から活躍するジャズ・ジャイアント達が70年代にどのような演奏を見せていたのかを味わうこともできることも魅力の作品です。

■『Go West, Man! ピーター・バラカン編』
※2CD 選曲・監修・解説等:ピーター・バラカン
TOCJ-66611  2013年03月13日発売   1,980円(税込)
☆1500~4000番台に続く、1970年代ブルーノートの新しい波、“ニューノート”BNLAより。
音楽ファンからの支持も厚い人気ブロードキャスター、ピーター・バラカン氏が選ぶ2枚組のコンピレイション
☆ブルーノート関連の同氏の選曲・監修コンピレイションは約15年ぶり

CD-1
1.ブラック・バード – ドナルド・バード
2.チューズデイ・ハートブレイク – ロニー・フォスター
3.ユー・アー・ザ・サンシャイン・オブ・マイ・ライフ – マリーナ・ショウ
4.悲しいうわさ – アール・クルー
5.愛の世界 – ボビー・ハッチャーソン
6.ベッチャ・バイ・ゴーリー・ワウ – グラント・グリーン
7.シティ・カントリー・シティ – ルー・ドナルドソン
8.ダンス・ウィズ・ミー – アール・クルー
9.ランサナズ・プリーステス – ドナルド バード

CD-2
1.マンゴ・サンライズ – ジョン・リー&ジェリー・ブラウン
2.チャンキー – ロニー・フォスター
3.ハーレム・リヴァー・ドライヴ – ボビー・ハンフリー
4.ストレンジ・ヴァイブス – ホレス・シルヴァー
5.アブドゥラ・アンド・アブラハム – チコ・ハミルトン
6.ラ・マランガ – ボビー・ハッチャーソン
7.ファンキー・ロウ – ジョン・リー&ジェリー・ブラウン
8.マイ・リトル・ガール – ボビー・ハンフリー
9.ギャラクシー – エディ・ヘンダーソン
10.アデール – チコ・ハミルトン
11.ヒズ・ブレッシングス – マッコイ・タイナー

http://www.emimusic.jp/release/detail/64394

プレスリリースTOP >  株式会社EMIミュージック・ジャパン >  ビーター・バラカン氏が選んだ70年代の「ブルーノート」コンピ発売!~再評価高まるL.A.時代の演奏から選曲~

 

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る