松坂桃李×ガッツ石松 朝日新聞特別写真展 around GINZA PHOTO by SHODA MASAHIRO

朝日新聞社のキャンペーンに起用している、タレントの松坂桃李とガッツ石松の特別写真展を3月25日(月)から31日(日)まで、銀座ソニービルを中心とした銀座駅周辺にて開催。

期間中、写真展のギャラリーと化し、写真家・正田真弘の撮影による、松坂桃李の「新聞
と人間」、ガッツ石松の「デジタルと人間」をテーマにしたポスターが、銀座周辺がソニービルをはじめ、銀座駅・京橋 駅・日本橋駅・東銀座駅・築地市場駅・新橋駅・有楽町駅の各駅構内に11種類のポスターとしてランダ ムに掲載されます。併せて、「朝日新聞デジタル」内にもキャンペーンサイト(http://t.asahi.com/photo)を展開。

また、全11種類の中から1点を対象として、ビジュアルにふさわしいキャッチコピーを募集している (募集期間:3月25日~4月14日)。

サイト内から応募することができ、優秀作品は、実際の新聞広告や 特別なポスターなどに採用、銀座ソニービル屋外広告などで掲出する予定。

正田    真弘    Masahiro Shoda
(D-CORD 所属)
1977 年生まれ。 石田東氏に師事後渡米、2009 年帰国。 IPA、PX3はじめ欧米の写真コンペにおいて入賞多数。 2010 年、初めての個展「SM 展」を代官山 gallery speak for にて開催。
現在は広告写真、CM、エディトリアルの分野で幅広く活動を続け、 クライアントからのオファーに独自のアイデアを加え、洗練された技巧で表現できる 逸材として内外から注目を集めている。

 

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る